スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜辺のアラカルト

コバーラムビーチ


朝、魚売りのおばさんがレストランに魚を届けに。

DSC02880.jpg


DSC02878.jpg

こちらでは、

DSC02919.jpg


DSC02920.jpg

捕りたての魚をセリにかけていました。

DSC02923.jpg


DSC02922.jpg


DSC02926.jpg


DSC02928.jpg


DSC02927.jpg


DSC02929.jpg

浜辺でも、レストランでもワンちゃんが多いコバーラムビーチ。

DSC02933.jpg


DSC02984.jpg


男性同士が手をつないでいる光景は珍しくありません。

町中でもどこでもよく目にしました。

DSC02979.jpg


浜辺の遊歩道から一歩中に入ると、

DSC02857.jpg

人がすれ違いできる程度の道幅の小路が、迷路のようにつながっていて、

DSC02854.jpg

小路が突当っているように見える道も、右に曲がったり、左に曲がったり、

DSC02855.jpg

あるところではホテルの中に入ってしまったり、

DSC02858.jpg

亀田の地元の人はご存知と思うが、まるで袋津の迷路です。



浜辺でヨガの実演をしている人がいました。

DSC03008.jpg


DSC03004.jpg


DSC03003.jpg



夜の遊歩道。

DSC02900.jpg


DSC02901.jpg


こじゃれたレストランの店先にならぶ魚、

DSC02905.jpg

シーフード料理をうりにしているレストラン。

外人相手の料金で、決して安くありません。

DSC02907.jpg

1,000ルピー以上の料金なので、まだspoonbillのおさかなテンプラのほうが安い。

DSC02906.jpg

浜辺の風景のアラカルトでした。

スポンサーサイト

浜辺の運動会


町内会の集まりのようです。

浜辺で運動会をしていました。

DSC03009.jpg

DSC03012.jpg

DSC03013.jpg

DSC03010.jpg

DSC02958.jpg

DSC02962.jpg

DSC02963.jpg





コバーラムビーチのビューテイー

コバーラムビーチのビューテイーのみなさん。ほんの一部です。

説明は不要ですよね。

DSC02960.jpg


DSC02931.jpg


DSC02875.jpg


DSC02956.jpg


DSC02934.jpg


DSC02874.jpg


DSC02856.jpg


DSC02845.jpg


DSC02848.jpg


DSC02842.jpg

狸の仕立て屋さん

2月25日(水) コバーラムビーチ 夜8時半

話はコバーラムビーチに着いた夜に戻る。

寝酒のウイスキーと防虫スプレーが切れていたので買い出しに出た。

spoonbillを出てビーチの入口まで歩く。

ビーチは遊歩道だけで、バイクはおろか一切車は入ってこれない。

入口でトクトクの運ちゃんをつかまえた。

運ちゃんが坂上に停めてある車を入口まで持ってくるまで、少し待った。

待つ間、顔が黒くて狸顔の仕立て屋のおじさんに声をかけられた。

「どこまで行くの?」、「町のリカーショップまで」

「そりゃ大変だ、そこは9時に閉まるから早くいかなきゃ。帰りにうちの店の水買っててよ」、

「うんうん」と生返事。


トクトクに乗ってリカーショップに着いた。

DSC02894.jpg

1階はビール売り場

DSC02895.jpg

2階がウイスキー売り場

DSC02896.jpg

並んでいたらもう9時になりそうだ。

DSC02897.jpg

店主が後ろでシャッターを閉めた。これ以上客を入れないためだった。

こちらはすべり込みセ~~フ。

シャッターの前の廊下で並んでいた人は今夜は諦めてもらうしかない。


ウイスキーを買い終え、帰りの途中で防虫スプレーも買い、

狸の仕立て屋さんには寄らずにホテルに戻った。




翌26日(金)午後、現金を降ろしにATMがあるビーチの入口まで行った。

昨夜の狸さんが外に出ていて、声をかけられた。

DSC02853.jpg


「昨日寄らなかったね、待ってたのに」、「ごめん、忘れてた」

「インドの服、どう?明日の午後にはできてるよ」

なんか約束を破ったような気持ちになり、後ろめたさで仕立てを頼む事にした。

コットン生地を選んでから採寸する。

DSC02814.jpg


DSC02816.jpg


DSC02819.jpg


DSC02820.jpg



翌日の午後シャツを取りに行った。狸さんはいなかった。

DSC02852.jpg

代わりに長身のキツネさんが仕上げの途中だった。

DSC02851.jpg


DSC02850.jpg

出来上がったコットンシャツ、350ルピー。ムムッ?あれこれ採寸する必要があったのか?

でも、れっきとしたオーダーメイド。




夕べの散歩 浜辺の風景

2月26日(木) コバーラムビーチ 

夕べの散歩に出かける。

DSC02759.jpg

陽はかなり傾き始めていた。

DSC02758.jpg

この手の舟はもう使われなくなったのか、浜辺に放置されていた。

DSC02766.jpg

郷土史「亀田の歴史」の中で記載されていた、

江戸末期から大正頃まで、栗ノ木川に就航していた鮟鱇舟に似ている。

DSC02767.jpg


鮟鱇舟が往来した栗ノ木は昭和30年始めの頃に暗渠化され、今は県道になっている。

Ray次郎は当時小学校の低学年くらいだったので、この川の事は覚えていない。

小学校の高学年だった従妹は、亀田の船着き場から舟に乗り、

新潟の万代橋のたもとまで行き、毎年のように夏の花火を見に行った事を覚えていた。


「亀田の歴史」は今チェンナイのマニ君の家にあり、詳しくは語れないが、

我が郷土、亀田郷は信濃川、阿賀野川、小阿賀野川、それに日本海とにはさまれた

島のような土地だ。それに海抜はゼロメートル、それゆえ昔から悪水には悩まされ続け、

腰まで水につかりながら田植や稲刈りをする写真が残っている。

栗ノ木川排水機場や鳥屋野潟は、悪水との戦いで重要な役割を果たしてきた。

この亀田郷の歴史をはじめ、古代、中世、近世、近代と続く郷土史は

事象の名残が身近にあるだけに面白い。

これからも勉強を続けて町歩きのガイドになろうと考えている。



それは良い。散歩を続けましょう。

Ray次郎が泊まっているホテル前のビーチは

南側に灯台がある岩場を端にしているので「Light House Beach」

DSC02770.jpg


ここから北へ向かって歩くと見晴らし台を境に、

DSC02768.jpg


DSC02769.jpg

ハワービーチに出る。このビーチには浜辺に面したホテルはほとんどなく、

現地の子供たちの泳ぐ姿が多い。

DSC02773.jpg

ピピッピッーピー!!笛を鳴らして赤旗をふるセイフテーガード。

DSC02772.jpg

子供たちが少しでも沖に出たりするとピー。

DSC02765.jpg


DSC02784.jpg

潮目が変わると子供たちを集団で移動させたりしている。

DSC02776.jpg


DSC02782.jpg



これは今朝買ったショートパンツとTシャツ。

DSC02788.jpg

ビーチでは登山パンツは似つかわしくないので、

水泳パンツにもなるショートパンツを300ルピー、

ついでに我が母校・都の西北大学のスクールカラー、えんじ色のTシャツを200ルピーで購入。



水際でたわむれる小さな子供、

今年の夏にはSOTAもこんなにして、新潟の浜で遊ぶ姿が見れるかもしれない。

DSC02789.jpg


DSC02790.jpg



こちらはボールとたわむれているワンちゃん。

DSC02792.jpg

ボールを蹴ると追っかける。

DSC02793.jpg

二人のインド人の間で行ったり来たり、たわむれると言うより、もてあそばれていた。

DSC02795.jpg


DSC02794.jpg

我が家のプルもこれと同じボールフェチ。

そうそうプー太郎、お前、SOTAに前足キックしただろ。NAWOのビデオで見たぞ。

SOTAはまだ子供で、口のきき方を知らないから許してあげなよ。

それにミー助。お前もやたらとSOTAの顔舐めちゃ、いかんぞ。

帰ったらいくらでもRay父ちゃんの顔なめさせてあげるから。

おとなしく寝てなさい。

DSC02799.jpg



浜辺にネットを張り、バレーボールに興じる若者たち、

DSC02796.jpg

ジャンピングアタック!!かなり上手い。

DSC02798.jpg


ホテルに戻り、シャワーを浴び、

DSC02813.jpg

今夜もまた隣のspoonbillに行った。

メニューに書いてある「MIX SALAD」と「TERIYAKI FISH」が今日の〆。

今日も元気だ、ビールが美味いっ、、、と。


プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。