スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一周航空券(4)



世界一周航空券の条件は前にも書いたが、さらに2つの大きな条件がある。

(1) Stopover = 途中降機は16回まで

 ただし24時間以内に飛び立つ乗継であればStopoverに換算しない。

(2) マイル数制限

スターアライアンスの場合(エコノミー)

29,000マイル以内で353,000円、

34,000マイル以内で418,500円、

39,000マイル以内で489,000円に分かれている。

ちなみに日本から太平洋を渡ってアメリカ・ロスアンゼルスまでの距離が約5,000マイル、

ブラジル・サンパウロから大西洋を渡って

ポルトガル・リスボンまでの距離が約5,000マイル。
   
このマイル数は飛行機に乗って加算される距離と

乗らないでも加算される距離がある。

例えばRay次郎の旅程を参考にすると、

メキシコから飛行機でペルーのリマに飛んだ2,700マイルは当然加算される。

リマからあちこちとバスや鉄道を使って旅行し、サンパウロに到着した。

ここは陸路で移動したことになる。

このリマからサンパウロまでの陸路で移動した約2,000マイルがマイル数として加算される。

(ただし実際の旅程とは関係なく直線距離で加算)




Stopoverとマイル数の制約を回避する方法として周回ルートを考えた。

例えばヨーロッパの場合、ハブ港になるフランクフルト空港に飛行機で入り、

そこから北欧、中欧、西欧などを列車で巡り、最後にフランクフルト空港から飛行機で出る。

そうするばStopoverもマイル数も増えないで済む。



インドもデリーに飛行機で入り、陸路を巡ってデリーに戻り、飛行機で出国する。

国土が広いので途中格安航空券を自前で購入し、飛行機も利用するが、

ここでの移動は世界一周航空券のマイル数に加算されないし、

Stopoverもデリーの1か所だけだ。


東南アジアはタイ・バンコクに飛行機で入り、陸路を90日間かけて、

ミャンマー ⇒ タイ ⇒ ラオス ⇒ ベトナム ⇒ カンボジア ⇒ タイ ⇒

マレーシア ⇒ シンガポールまで移動する。

最終的にはシンガポールから飛行機で成田へ帰国する予定だ。

東南アジアでのStopoverはバンコクとシンガポールの2か所で、

マイル数は2地点を直線距離で結ぶ約900マイルになる。



こんな工夫をしてルート作成をしたが、

それでもStopoverは14回、マイル数は33,400マイルになった。





Ray次郎の励みにします。
下の【拍手】にワンクリックを!!
スポンサーサイト

世界一周航空券(3)


一般のエアーチケットと同様に、世界一周チケットも

エコノミークラスとビジネスクラスがある。

スターアライアンスの場合、エコノミークラスの世界一周チケットは約42万円、

ビジネスのそれは約82万円する。さてどちらを選択するか?



現役のころアメリカへの出張は当然エコノミークラス、

料金は安い時で往復12万円くらいだった。

ある時どうしても行かなければならない事情が生じ、

エコノミークラスを予約しようとしたが満席。仕方なくビジネスを予約した。

片道40万円。今改めてアメリカ往復のビジネスクラスをネットで料金を

調べてみたら78万円だった。やはりビジネスクラスはエコノミーより6倍くらい高い。




さてあの時初めて乗ったビジネスクラス。

カウンターでチェックインする時から待遇が違う。

エコノミークラスのカウンターには何十人もの人が列をなしているが、

ビジネスクラスのカウンター前には数人。待つ時間が極端に短い。

出国手続きを済ませて飛行機待ちする時は

航空会社のビジネス専用のラウンジが利用できる。

心地よいソファーに座って無料のドリンクをいただき、WiFiフリー。

飛行機に搭乗するのはファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミーの順で、

降りるときも同じ順だ。

機内ではゆったりと余裕のある席、フルフラットで足を伸ばせて寝ることができる。

隣の席を全く気にせずにトイレに行ける。

食事はランチボックスでは無く、三ツ星ホテルのコース料理が順番に出てくる。




Ray次郎の世界一周旅行では14回飛行機に乗る予定だ。

1往復2回のフライトならエコノミーでも我慢できるが、

苦痛なフライトをこの歳になってから14回もしたくない。

代わりに飛行機に乗るのが楽しみになるような旅行にしたい。

それに世界一周のビジネスチケットの料金は

通常のビジネスクラスのチケットの料金と比べてみると、決して高くはない。

むしろ非常に安いと言わざるを得ない。



やはり、ここはビジネスでしょう!!ビジネス🙌万歳!!

基本料金82万円に空港税と燃料サーチャージを加算し合計93万円、

「これは安い買い物だ!!」と念じつつ、

「やっぱり高けえなあ、、、、」と涙ながらに振り込みを終了したRay次郎でした。


世界一周航空券(2)


世界一周をする旅人にとって世界一周堂という旅行会社はバイブル的な存在だ。

2000年に世界一周の専門旅行会社として設立された。

代表の角田氏は世界一周旅行の専門家で、

設立以来、世界一周旅行に送り出した旅人は4,500人、

作成した旅行プランは25,000にのぼっている。

Ray次郎も行きたい国をピックアップして、ルートのアドバイスと

それらの国を就航する航空会社グループの選定を世界一周堂にお願いした。

予想はしていたが、世界一周堂が選択したのはスターアライアンスだった。



最初にメールしたのが2016年2月。

それからルートなどについて4~5回メールのやり取りをしてアドバイスを受けた。

基本的なルートが決定したのは2016年5月。

そこまでのアドバイスなどは無料で行ってくれた。

ここから先のサービスは有料になる。

コンサルティング料(32,600円)、発券手数料(21,600円)、 オリジナルバック (23,760円)、

旅行中の24時間緊急ホットラインの提供(50,000円)と

アイテムごとにサービス料金が決まっているが、

すべてを網羅したフルサポート(100,000円)を申し込んだ。





Ray次郎の励みにします。
下の【拍手】にワンクリックを!!

世界一周航空券 (1)

2017年1月10日

世界一周航空券とは?

夢のような「世界一周航空券」。

これ1枚持っていれば、世界中のどこへでも自由に飛んでいける。

今日はニューヨーク、2週間後にはパリに飛び、しばらく遊んでから

今度はマチュピチュを見にペルーへ、、、、、、次はモロッコかな、、、。

乗り降り自由で、どこでもフリーみたいな世界一周航空券があれば理想ですが、

実際は違います。 




世界一周航空券には、基本的に3つの条件があります。

① 太平洋と大西洋を各々1回のみ渡って出発地に戻る事。

 これで世界一周のイメージが分かります。

 太平洋を渡ってアメリカへ行き、アメリカから南米のチリへ行き、

 チリから日本に戻って来た場合、太平洋は渡っても、

 大西洋を渡っていませんので、

 世界一周の条件をクリアしたことにはなりません。


さらに

② 大陸間を東方向か西方向の同一方向に逆戻りせずに回る事。

 北米大陸(ニューヨーク)からヨーロッパ大陸(パリ)に渡り、

 パリからワシントンへ行くというような大陸間を逆戻りして行き来する

 ルートは認められません。

 ただし、大陸内での逆行は認められていますので、

 例えばスペインから東方向のプラハへ飛び、

 プラハから西方向のパリへ飛ぶ、というような飛行は認められます。


③ 航空券は最大で1年間有効。

最低の旅行日数は飛行会社によって

条件がある場合(10日間)と条件なしの場合があります。

条件なしの場合には、例えばニューヨークとロンドンに3泊5日で

ビジネス出張したい時などの用途にも使えます。

また、1週間の正月休みを利用して世界一周することも可能です。

しかもこの世界一周航空券は時期に関係なく定額。

航空料金が跳ね上がる正月に利用すればかなりのお得感があります。



この世界一周航空券を販売する航空会社主要3グループ、

① 全日空が所属する「スターアライアンス」グループ、

② 日本航空が所属する「ワンワールド」グループ、

③ 日本の航空会社が所属していない「スカイチーム」グループ、

から購入することができます。

Ray次郎はスターアライアンスを選択しました。





Ray次郎の励みにします。
下の【拍手】にワンクリックを!!

世界一周Book

2017年1月9日(月)

世界を一周するってどんな事?

まず手始めに図書館へ行って世界一周に関する本を借りてきた

「世界一周しちゃえば 世界一周完全ガイド」
    :高橋 歩  A-Works出版

「はじめての世界一周」
    :吉田友和 松岡絵里

「世界一周 Traveler's Voice」
    :世界一周NAVI編集部

「世界一周航空券 Perfect Book」
    :世界一周堂

「バックパッカーズ読本」
    :旅行情報研究会

あるはあるは、ごまんとある

世界一周している人のなんと多い事!!

世界一周する航空券、これをまず研究してみた

次回のテーマは「世界一周航空券」


7292333.jpg





励みにします。
下の【拍手】にワンクリックを!!

謹賀新年 気力と体力


2017年1月7日(土) 


謹賀新年

あけましておめでとうございます

3ヵ月以上もブログを更新していないので、しばらくぶりに読まれた方は

ビックリしてるでしょうね。

Ray次郎は年金生活者で仕事はないように見えますが、

午前中は孫のSOTAを世話して、午後からはスポーツジム、夜は旅行の計画

この旅行の計画作りが大変な作業なのです。




昨年の春から計画をスタートさせていたのですが、

今年の4月から来年の3月まで1年をかけて世界を一周しようと思っています。


気力と体力があるうちに、健康寿命に到達する前に、

行ったことのない世界の町を歩き、見たことのない自然に包まれて

異国の地に暮らしている人たちとふれあってみたいと強く思いました。

11958439.jpg



1年かけてどんな準備をしてきたか、これからどんな作業をするのか、

この「世界一周 / 準備編」で書いて行こうと思います。

準備編が終わると、「世界一周/ 北米編」が4月1日からスタートします。








プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。