スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/17 神様の象が舞い降りた

2月17日(火) マドライの朝

朝8時、バナナを買いにホテルを出た。

買い物の後、駅を1回見ておこうと向かう。これがマドライ駅。

DSC02062.jpg

プラットホームには長い列車が。

DSC02063.jpg

寝台列車はもう、もぬけの殻。

DSC02064.jpg


DSC02065.jpg

別のプラットフォームで貨物車を撮る。

DSC02066.jpg



駅を出てホテルへ向かう細い道で、顔に化粧をした象さんが目の前に、

DSC02069.jpg

昨日寺院の中にいた神様の象だ。もちろん一緒について行く。

DSC02071.jpg

地元の人はバナナやお菓子を象さんにお上げする。

これは神様の代わりに象さんがその場でいただく。

DSC02070.jpg

象さんの鼻に紙幣やコインを渡すと、

DSC02076.jpg


これは神様への寄進なので、象使いのおじさんに渡す。

DSC02075.jpg

DSC02072.jpg


DSC02073.jpg


「これこれ、寄進もしないで写真だけ撮っちゃいかんよ、君」

DSC02074.jpg

でも象さんは怒っているわけではなく、優しい顔をしていた。

DSC02077.jpg

渡り廊下の下をくぐって、ホテルの中庭へ。

DSC02078.jpg

ここでも大人気、子供はきょとんとしているが、母親は神妙な顔をしている。

DSC02079.jpg

20分も同行させてもらい、かなりの寄進が集まったのを確認したところで

ホテルに戻った。思いがけない朝の散歩になった。

DSC02080.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。