スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/21 太陽が海から昇り、海に沈む

2月21日(土) カーニャクマリ

インド亜大陸の最南端の町、太陽が海から昇り、海へ沈む町。

ベンガル湾、インド洋、アラビア海の3つの海がここでひとつに交わる。


DSC02376.jpg

DSC02375.jpg


沖合に立つ、高さ40.5mのテルバルバル像。

神かと思ったが、テルバルバルは5~6世紀に詩集「テイルックラル」を著した人物。

DSC02368.jpg


左となりの島はビバーカナンダ岩だ。

DSC02369.jpg


1892年、宗教家ビバーカナンダは泳いで海を渡り、

この岩の上で3日間にわたり瞑想を行った。

今は岩の上に記念堂が建てられ、彼の像が祀られている。

ガイドブックの「南インドを旅して出会う聖者」という欄に写真とともに紹介されていた。

ああ、この顔写真はいままでたどってきた町々で、何回も見たことがある。




今日は土曜日なので、小学校の児童が大勢来ていた。

DSC02372.jpg


DSC02374.jpg



5ルピー均一のお土産屋さんで買い物をする女の子たち。真剣なまなざし。

DSC02378.jpg

ほらほら、学校で決められたおこずかいは50ルピーだからね。

サングラスと腕輪で30ルピー使ったでしょ。あと20ルピーしか残ってないよ。


買い物がすんだらバスが待つ駐車場へ。

DSC02382.jpg


こちらは駐車場から出てきた観光ツアーの大人たち。

DSC02383.jpg

カーニャクマリは小さな町だが、ホテルが星の数ほどあり、

訪れる人がいかに多いかが分かる。南インドの一大観光地。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

rey太郎、街道を行く。ですね ( ^ν^)
プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。