スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い1日、その⑥ 花神輿とワンマンダンスでフィナーレ

午後9時半、BARのドアを出たら大音声の音楽が聞こえてきた。

部屋にパソコンと財布を置き、カメラだけ持ってさっそく音のする方へ。

さあ、長い1日のフィナーレを飾る花神輿とワンマンダンスショーの開幕です。

64枚の写真で一挙公開、音楽が聞こえ、ダンサーの躍動を感じるまでご堪能ください。



ホテルの裏手通りにある小さな寺院の前で

若者たちが同じジャージを着て太鼓を叩いていた。

DSC02589.jpg


DSC02590.jpg


DSC02591.jpg


DSC02592.jpg


DSC02593.jpg


DSC02596.jpg


DSC02599.jpg


DSC02597.jpg


DSC02598.jpg


DSC02602.jpg

寺院の門前へ行く。祠の前で花神輿が見えた。

DSC02609.jpg


DSC02607.jpg

ここではトランペットのような笛を吹く奏者が加わっている。

DSC02610.jpg

上半身裸の太鼓叩きも。

DSC02612.jpg


DSC02616.jpg


花神輿を担いで踊る。踊ると言っても、

リズムに合わせてゆらゆらと揺らしながら回り、たまに片足を上げたりしている。

DSC02614.jpg

相当重いのだろう、2分もすると次の担ぎ手にバトンタッチする。

DSC02615.jpg


DSC02621.jpg

バランスをとるのも難しそうだ。

DSC02622.jpg

寺院の低い壁に腰掛けて見物している兄妹。

DSC02625.jpg

DSC02623.jpg


男の子が左手に腕時計をしているところを見ると、かなり裕福な家庭の子たちなのだろう。

DSC02626.jpg

壁越しから見物する人たち。

DSC02619.jpg


DSC02617.jpg


DSC02624.jpg


パフォーマーの一団が寺院を出た。

DSC02628.jpg


DSC02627.jpg


DSC02629.jpg

一団は海岸寺院に向かっている。

DSC02633.jpg


DSC02630.jpg

DSC02632.jpg


突当りは寺院の入口、当然開いてはいない。

DSC02636.jpg


DSC02638.jpg


ここでも延々と花神輿の担ぎ手と奏者がパフォーマンス。

DSC02644.jpg


DSC02637.jpg


DSC02640.jpg


演奏者の一人から名刺を渡された。Ray次郎がもらっても使いようがない。

DSC02646.jpg


DSC02645.jpg


DSC02642.jpg


DSC02641.jpg


DSC02649.jpg


DSC02651.jpg


DSC02648.jpg


DSC02650.jpg


DSC02652.jpg



花神輿が低くなり、

DSC02655.jpg

担ぎ手が子供に変わった。もちろん両サイドから、大人が4、5人がかりで神輿を支えている。

DSC02663.jpg


DSC02662.jpg

次々と子供たちが担ぎ、親たちは嬉しそうに見守り、写真を撮っていた。

DSC02661.jpg


DSC02664.jpg


DSC02666.jpg



海岸寺院の前でのパフォーマンスが終わり、もと来た道に戻り始めたので、

あの立像と岩の見える所まで行ってみた。

DSC02667.jpg

沖合遠くに漁火が見えた。

DSC02668.jpg

寺院の前に戻ると、さっきまで人でむせかえるようだった場所に、

野宿のおばちゃんが寝ていた。さっきまではどこで寝てたんだろ?

DSC02669.jpg


通りを戻る一団。

DSC02670.jpg

一団を通り越して先に行ってみた。

DSC02675.jpg

子供たちが太鼓と笛のリズムに合わせて踊っていた。

DSC02676.jpg

DSC02678.jpg

中でもこの白シャツのおじさんが目立つ。

DSC02673.jpg

踊りの動きは早いし、しょっちゅうジャンプするので周りの人もびっくりして見ている。

DSC02677.jpg

白シャツさんのワンマンショーはいつまでも終わりそうにないので、

DSC02680.jpg


もうホテルに帰ろう。

DSC02681.jpg


DSC02683.jpg

店の灯りの先、一番奥の暗くなった突当りが海岸寺院。

DSC02682.jpg


ホテルの部屋に戻ったのは11時。

2月24日(火) 長い1日の最終章が終わった。午前2時に起きてから21時間経っていた。




このブログ記事を書き上げて、これからアップする今は27日(金)、午後1時。

3日もかけて1日分の作業を終える。

なかなかブログの記事が現在時刻に追いついてくれない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。