スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狸の仕立て屋さん

2月25日(水) コバーラムビーチ 夜8時半

話はコバーラムビーチに着いた夜に戻る。

寝酒のウイスキーと防虫スプレーが切れていたので買い出しに出た。

spoonbillを出てビーチの入口まで歩く。

ビーチは遊歩道だけで、バイクはおろか一切車は入ってこれない。

入口でトクトクの運ちゃんをつかまえた。

運ちゃんが坂上に停めてある車を入口まで持ってくるまで、少し待った。

待つ間、顔が黒くて狸顔の仕立て屋のおじさんに声をかけられた。

「どこまで行くの?」、「町のリカーショップまで」

「そりゃ大変だ、そこは9時に閉まるから早くいかなきゃ。帰りにうちの店の水買っててよ」、

「うんうん」と生返事。


トクトクに乗ってリカーショップに着いた。

DSC02894.jpg

1階はビール売り場

DSC02895.jpg

2階がウイスキー売り場

DSC02896.jpg

並んでいたらもう9時になりそうだ。

DSC02897.jpg

店主が後ろでシャッターを閉めた。これ以上客を入れないためだった。

こちらはすべり込みセ~~フ。

シャッターの前の廊下で並んでいた人は今夜は諦めてもらうしかない。


ウイスキーを買い終え、帰りの途中で防虫スプレーも買い、

狸の仕立て屋さんには寄らずにホテルに戻った。




翌26日(金)午後、現金を降ろしにATMがあるビーチの入口まで行った。

昨夜の狸さんが外に出ていて、声をかけられた。

DSC02853.jpg


「昨日寄らなかったね、待ってたのに」、「ごめん、忘れてた」

「インドの服、どう?明日の午後にはできてるよ」

なんか約束を破ったような気持ちになり、後ろめたさで仕立てを頼む事にした。

コットン生地を選んでから採寸する。

DSC02814.jpg


DSC02816.jpg


DSC02819.jpg


DSC02820.jpg



翌日の午後シャツを取りに行った。狸さんはいなかった。

DSC02852.jpg

代わりに長身のキツネさんが仕上げの途中だった。

DSC02851.jpg


DSC02850.jpg

出来上がったコットンシャツ、350ルピー。ムムッ?あれこれ採寸する必要があったのか?

でも、れっきとしたオーダーメイド。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

んー!でかいッ!
プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。