スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コバーラムからアレッピーまで

3月2日(月)

コバーラムビーチのホテルを後にして、バスでテイルバンドラムの駅へ行く。

当日のコーリカット行き急行、スリーピングクラスのキップ(120Rs)を買い、ホームへ。

列車はこの1番ホームに3時に着くらしい。

DSC03032.jpg

ホームで政治団体のデモ、インドは5月まで世界最大の選挙期間中、

町中でも政治家のポスターがべたべたと貼ってある。

DSC03031.jpg



ホームで待っていた人がぞろぞろと移動し始めた。

聞いたら4番ホームに変わったということだったので、こちらも移動。

3時に着くはずの列車は3時40分に到着した。




スリーピングクラスのデッキに荷物を置き、

DSC03033.jpg

ここに腰掛けた。

DSC03051.jpg

チェンナイから寝台車に乗った時と同じで、列車の入口には予約者の名前と指定席を

書いた紙が貼ってあった。当日買いのキップは当然紙には書いていない。

後で検札に来た車掌に聞いたら、空いている席があればどこでも良かったらしい。

でも写真を撮るにはこの席がちょうど良い。




走れ、走れ、インデイアントレイン。

DSC03055.jpg


家々を、

DSC03038.jpg


稲刈りが終わった田んぼを、

DSC03052.jpg



耕し終えた畑を、

DSC03053.jpg


入江や、

DSC03037.jpg


川を越えて走る。

DSC03054.jpg

小さな駅は急行なので飛ばして、

DSC03036.jpg

ごみだらけの線路わき。

DSC03050.jpg


街並みが見え始めた踏切を越え、

DSC03045.jpg


大きなカーブを減速して走り、

DSC03046.jpg


アレッピーの小さな駅に着いた。午後5時30分。

DSC03056.jpg

アレッピー駅ではトクトクが整然と駐車していた。日本の駅前タクシーと同じ。

トクトクの先頭に事務所があった。窓口で行く先を告げ、1Rsを渡すとチケットを切ってくれる。

チケットには65Rsと印字されていた。到着したらこの金額を運ちゃんに払えば良い。

非常に明瞭な会計システムになっていた。


ガイドブックに書いたあったレビスホテルに入る。

Wi-Fi無料、エアコンが使える部屋、1泊1,400Rs。

なにせ、外の気温は30度を越えているし、なにより蚊の侵入があるまいと400Rs奮発した。

実際、ここで2泊したが昼も夜もエアコンがきいて爽快に過ごせたし、

防虫スプレーをしなくとも、蚊には襲われなかった。

旅も後半戦に入り、だんだん贅沢になってきたが、蚊にはあらがえない。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。