スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「閑話休題」、さてその意味は?

アレッピーでの本筋から外れて、無駄話を記事にしようかと、

記事のタイトルを「閑話休題」に決めた。

つまり、「これまで本筋のアレッピーの話でしたが、ここで閑話休題、無駄話に入ります」

という具合に使う。ところが、これが大間違い。意味を間違って覚えていました。

広辞苑によれば、「話を本筋に戻すときに用いる語、無駄話はさておいて。それはさておき。」

ということは、「これまで無駄話をしていましたが、ここで閑話休題、

本筋のアレッピーの話に戻します」 これが正しい使い方。

しかし、もう遅い。記事のタイトルは「閑話休題」だが、本筋には戻らず、無駄話に入ります。



ブログ読者の方から非公開のコメントが届きました。

インドで体験してほしい要望事項が列挙されていました。



「インド大陸で高い山の登山、ガンジス川をトクトクボートで横断、

安全なキャンプ場で交流てなのはいかが?。

社会派では路上生活者、児童少年少女売春、牛との共同生活。

カースト、特に仏教は最低カーストの逃込み寺になっていると聞く、

ネール社会主義思想はその辺に残っているの?

堅すぎるかな、町のB級グルメはどう?一般家庭宿泊はどう?

BARでの居酒屋放浪記はいいね、面白い。」

期待していただくのはありがたいが、これでは身が持たない。

今のところは丁重にお断りするスタンスで旅を続けます。




出発前に抜いた3本の歯のとなりがグラグラし始めたので、歯医者のDr.ITさんに

アドバイスを求めた。Dr.ITさんから非公開のコメントが届いたので、ここで公開。

「グラグラの程度がどの程度によるかですが、大臼歯が無いために小臼歯に

相当負担がかかっているのが原因だとおもいます。

歯ぐきが腫れたり、噛んだ時に痛いようであれば、抜歯の対象になります。

話のネタにインドの歯医者さんに診てもらったらどうですか!

ぜひ、 怪しげな歯医者へ行ってみてください。帰国後話を聞きたいですから」

みなさん、放浪記に多いに期待しているのが分かった。いや遊ばれているだけかな?





そろそろ帰国も視野に入ってきた旅の後半戦。

日本に帰ればタバコは吸わないつもりなので、覚えの良い3月3日に禁煙を始めた。

今日は3月6日、今、タバコを咥えてパソコンを打っている。3日続かなかった。

次に3が並ぶ覚えの良い日は3月33日。この日から禁煙を始めよう。




SOTAのビデオが16本になった。

出国する前には前歯の上2本、下2本だけだったのが

前歯が上4本、下4本、それに奥歯が生えて上2本、下が2本。

あと4本生えれば乳歯完了というところまできていた。

Ray次郎のグラグラ歯とのこの差は何だ!!


食事の後、仰向けに寝かされ、NAWOの両足で両手を押さえつけられていた。

その態勢で、歯ブラシをあてられ、思いっきり泣いていたSOTA。

もう自分で歯ブラシを持ってゴシゴシしていた。


幼児チェアーにおさまって見ていたNHKの幼児番組。

今はしっかり立って、音楽に合わせて手をあげたり、拍手したり、おじぎしたり。


孫の成長は遠くで見ていると尚のこと目立つ。





やはり気になるのか、会社の資料を時々送ってもらっている。

脳の中で培ってきた知識や理解、記憶をつかさどる側頭葉の

会社の部分が大分退化していた。資料の読み込みが難しい。

2か月ちょっとでこんなにあんぽんたんになったのかと唖然とした。




前の地、コバーラムビーチのホテルでは部屋にTVがなかった。

ここアレッピーでは液晶TVが備えてある。チャンネル数は無数にあった。


よく観ているのはCNNニュースとハリウッド映画。映画は下に英語の字幕が出る。

たいていは前に観ている映画なので筋は覚えている。

英語の字幕をほうほうの体で追っかけて読んでいるが、追いつかない。

それでもなんとか楽しめて観ている。


日本のアニメは現地語に吹き替えされて放映されている。

ドラえもん、忍者はっとり君、アンパンマンなどがこちらの人気番組のようだ。


さて本来の閑話休題。次はアレッピーの湖上ボートツアーに続きます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。