スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

94歳の親切な僧侶、あんたもかいな

3月13日(金) カンチープラム

「興味深い彫刻」がある8世紀に造られた寺院。

土色でもなく彩色ギンギラでもない真っ白なゴープラム。

DSC03654.jpg


門を抜けるとすぐお堂。

階段を上がったお堂の入口で入館料30Rs、カメラ持ち込み料50Rsを払う。

DSC03655.jpg

料金係りの隣にいたおじいちゃんが

「カムカム、ノーマネー、カムカム」と手招き。

DSC03658.jpg


「私はここの寺院の僧侶です」 歳を聞いたら94歳になるという。

ボッタクリはないだろうと付いていく。

DSC03656.jpg


お堂の中の石柱に施された彫刻の説明から。

背伸びしてキスする女性、「この背伸びが良い」とは94歳の弁。

DSC03673.jpg


6人の女性のからみ。

DSC03679.jpg

このへんのポーズは分かりやすい。

DSC03669.jpg

DSC03676.jpg


DSC03665.jpg



神に召された女性。

DSC03680.jpg

まさにこの髪型をした女性をテルバンナマライで見た。

ラグーのオートバイに乗っているとき、

「あの女性を見て!!あれは神に召された女性だよ」

ある時突然に髪が伸びはじめ、2週間ほどでこんな髪型になるという。

この髪型になった女性は神に仕えることしかしてはいけない。

ひたすら神に仕え、お祈りする。


結婚していれば、旦那さんのめんどうはもちろん、家事もしない。

旦那とHなんかとんでもない。旦那さんもそれで満足するという。

グノーと見た女性と同じ髪型をした女性とは、それ以降お目にかかっていなかったが、

最後になって姿を現すとは、、、。




お堂の階段を下りて、建物の基礎部になっている壁の彫刻を見る。

この時さすが94歳、足が弱っていて、Ray次郎の手を借りなければ下りられなかった。

でもここからおじいちゃんの精力的な解説が始まる。

DSC03687.jpg


「女性が男性の物をくわえている」

えっ、いきなり、そこから!?


DSC03670.jpg


これは「スタンデイング ジョイント」

DSC03671.jpg



「シーテイング ジョイント」

DSC03682.jpg


「右と左に男性、真ん中に横になった女性がいる」

アダルトビデオみたいになってきた。

DSC03684.jpg

これは出産シーン、指の先に赤ちゃんが顔を出している。

DSC03685.jpg

左右に女性をはべらせ、後ろ向きの女性とジョイント。

DSC03686.jpg



ごくごく真面目に彫刻のシーンを解説してくれた94歳の僧侶。

DSC03688.jpg

これまで額に横線で3本、赤白の粉を入れているのを見てきたが、こちらは縦線。

聞いたら宗派の違いらしい。

「顔の写真を撮りなさい」と自らモデルに。

そして最後に「マネー!」

ノーマネーじゃなかったの? さっきのガイドと同じ300Rsを渡そうとしたら、

「500Rs!!」

地蔵と僧侶には敵わない。あげました500Rs。

でも寺院の外で待っていたマニ君には

「中で親切なお坊さんにガイドしてもらった。ただだったよ」と言った。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。