スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚子の句碑探し

高浜虚子が初めて新潟を訪れたのは大正2年(1913年)のことでした。

新潟から弥彦をへて、俳句の指導を頼まれていた出雲崎の佐藤耐雪を訪ねています。

来県の最後は昭和32年で、「行形亭」や「かき正」で句会を開きました。

これが亡くなる2年前であり、来県16回めにあたります。




大正12年9月1日に関東大震災が起きます。

この時虚子の自宅にあった「ホトトギス」のバックナンバーが全部焼けてしまいました。

前出の佐藤耐雪は出雲崎で本屋を営んでおり、「ホトトギス」を全巻所有していました。

耐雪はこれを全部虚子に寄付しました。

そのお礼にと大正13年に虚子は新潟を経由して出雲崎を訪れました。

新潟では新潟医科大学で句会を開き、鍋茶屋で芸妓の踊りを楽しみ、

翌朝信濃川にかかる万代橋を歩きました。

当時の万代橋はまだ木の橋でした。

DSC03798.jpg


DSC03800.jpg


その時に

「千二百七十歩なり 露の橋」と句を詠みました。

DSC03806.jpg


その句碑が万代橋のたもとにあるホテルオークラの前にあります。

DSC03807.jpg


虚子が亀田の町を始めて訪れたのは昭和12年です。

その後も何回か石山、北山、亀田の地を訪れておりますが、

亀田の佐藤暁華の爐で句会を開いた際に

「夏爐の火 燃えてをらねば 淋しくて」の句を詠みました。

これが船戸山の円満寺に句碑として残されています。

DSC03772.jpg

前回の記事でも紹介した句碑で、

中田みずほ、高野素十、濱口今夜の3氏の句が虚子の句に並んで刻まれています。

下の集合写真は昭和13年5月に亀田通心寺での句会の折に撮られたものです。

DSC03837.jpg

中央に座っている和服姿が虚子、左となりに中田みずほと高野素十、

ひとりおいて前列左端が佐藤暁華です。

虚子の右隣は虚子の息子の年尾、その右の眼鏡をかけているのが浜口今夜。

そのほかの面々については佐藤暁華の記事で紹介します。


句碑の三つめは西堀3番町の端光寺の境内にあります。

kyojikuhi.jpg

「三羽居し 春の烏の 一羽居ず」

越後における虚子の三羽カラスと言われたのは中田みずほ、高野素十、浜口今夜ですが、

この句はその一人浜口今夜の死を悼んで詠んだ弔句になっています。



最後に虚子の句碑を紹介すると、

それは白山神社に

DSC03810.jpg

隣接する「遊神亭」という園庭のなかにありました。

DSC03833.jpg

虚子の 「早苗取り 今我方に 笠丸し」という句を中央に

中田みずほ 「学問の 静かに 雪の降るが好き」

高野素十 「十三夜 明日という空 美しき」

の二句が左右に配されています。

DSC03828.jpg

今回は虚子が残した近隣の句碑を探して紹介しましたが、

次回は人となりや人物史について調べてみたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。