スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予防接種



世界一周旅行に際し予防接種のどれを受けるべきか?

破傷風、A型肝炎、B型肝炎、日本脳炎、ポリオ、麻しん、風しん、マラリア

世界一周堂の担当者から勧められたのは以下の3種類

破傷風、A型肝炎そして黄熱病。

一時世間を騒がせたテング熱の予防接種をしたかったが、

ワクチンがないので、罹病したら1週間安静にして自然治癒を待つしかない。


imgj731.jpg




黄熱病は1回の接種でOK、ほかの2種類は3回接種しなければならない。

2回目は2種類とも1か月後に接種、3回目はA型肝炎はさらに6か月後、

破傷風は12か月後に接種する。

つまり出発する1年前から準備する必要がある。

昨年5月に1回目、6月に2回目、12月と今年3月に3回目を接種する。


接種する場所と料金は以下の通り

黄熱病は新潟市竜が島にある新潟検疫所で料金は¥11,180

A型肝炎と破傷風はNext21・5階の海外渡航者予防接種室で

料金は3回分で各々¥18,100と¥6,800になる。

3種類を合計すると¥36,080になった。

すべての予防接種は事前予約が必要。特に破傷風は人数がまとまらないと

接種できないので、3週間前には予約する。


3回目の接種をパスしたとしても、

世界一周旅行の計画はやはり最低でも半年まえに始めなければならない。

Ray次郎の場合は1年前の、昨年の4月から準備を始めた。

1年間は準備に費やし、そして旅行に1年間、締めて2年間の長丁場になる。

本当に長い旅だ。







Ray次郎の励みにします。
下の【拍手】にワンクリックを!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。