スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行保険は1年でいくら?



1年間の海外旅行保険に入った場合、いくら掛かるか?

保険の補償内容によって変わることは当然として、

やはり高額になることは覚悟しなければならない。


161206HOKEN-KIHON5_001.jpg



3年前にインドへ行ったときの保険料は4か月で7万円だった。

インドで水の溜まった肘の治療をしたが、3日通院し、

うち1日は終日かけて全身麻酔手術を行った。この時の手術代は11万円。

現地で現金を払ったが、帰国後に保険から全額補てんされた。

この時偶然インドで会った日本のお医者さんに言われた。

「インドだからこれくらいで済みますが、欧米なら軽くこの10倍は請求されます。」

やはり補償は万全にしておくべきか。

そこで、障害/疾病の死亡で1,000万円、賠償責任は1億円、

これが肝心かと思うが治療・救援費用に3,000万円の保険に加入した。

保険会社は東京海上日動、保険料は1年間で\171,130なり。

これだけ補償があれば大丈夫だろう。

images.jpg





 実は10年以上前に、会社の同僚の救援にイタリアへ行ったことがある。

イタリアのアンコーナというところへ機械の据え付けに行った同僚が

急性盲腸にかかり現地の病院で手術した。

彼を救援するために義理の姉とRay次郎の二人でイタリアに向かった。

往復の飛行機代から宿泊費、食事代まですべて保険会社が負担してくれた。

こんな場合も想定されるので、海外旅行保険は必須なのだ。


D060315_救援者費用


二人がイタリアの病院についたのは手術後5日目くらいで、

本人は笑うと片腹が痛いくらいで、もうピンピンとしていた。

そして翌日には退院した。

翌々日にレンタカーを借りて、3人でアンコーナ~ミラノをドライブ旅行。

1泊2日のドライブ観光がおまけに付いた、合計4泊5日の救援旅行でした。

まさに海外旅行保険様様である。



そうそう、この時なんで彼の奥さんが救援に行かなかったかというと、

パスポートを持っていなかったからなんです。

いつなんどき救援に狩り出されるかわからないので、

パスポートは所持しておきましょう。









Ray次郎の励みにします。
下の【拍手】にワンクリックを!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。