スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体内時計で眠れません

 サンフランシスコの宿は「USA HOSTELS」というユースホステル。

部屋には2段ベッドが2つあり、中国の女子大生とおぼしき二人が上段にいる。

下段の一つはロシアから来た青年。

トイレとシャワーは共同。それでも1泊5,400円もする。





 

サンフランシスコと日本との時差は16時間。

こちらの時間で午後8時にベッドに入ったが、

日本時間では正午過ぎ、体内時計は真昼なので全然眠くならない。

諦めてロービーに降りてきてブログ「快適なビジネスクラス、、、」をアップした。

こちらの時間で午前2時になった。

眠くはならないが、ベッドに入って目をつぶってみようかな。




励みになりますので、
下の【拍手】にワンクリックをお願いします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。