スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリンコでゴールデンブリッジを目指せ!

アムトラックのバス停の心配がなくなったので、

安心してこれから次の目的地ゴールデンブリッジを目指す。

ここフィッシャーマンズワーフからゴールデンブリッジまでは、

距離にして10キロほどだから、チャリで走れば1時間はかからないだろう。

レンタサイクル屋はいたるところにある。料金はどこも時間8ドル。

さて真っ青な空の下、さっそうとペダルをこぎ始めよう。

金門橋サイクリングロードから

サイクリングロードは完備されていて、走りやすい。

さっき追い抜いて行ったグループは、ドイツ語を話していたようだ。


公園では引率の先生と子供たちが遊んでいる。SOTAより数か月は年上だろうか?

公園の子供1

公園の子供2


公園から金門橋

ちらりとゴールデンブリッジが顔をのぞかせた。



金門橋1


サイクル金門橋2

だんだんと近づいてきた。ここまで40分。

自転車を押して最後の坂を登り、ようやくたどり着いた。

サイクウ金門橋3


この橋は歩いても、自転車で走っても、渡っていける。

距離にして2.5キロほど、20分ほどかかった。

金門橋わたる

金門橋柱

つり上げの柱。


橋上から見えるサンフラシスコ湾。

橋上からの景色


この橋で思い出されるのは映画「猿の惑星/創世記(ジェネシス)」

猿の惑星の最初のリーダーがどうして生まれ、

どうして人間に反抗し、支配するに至った経緯が分かるストーリーだ。

リーダーのシーザーがひきつれた猿の軍団と、これを壊滅しようとする

警察と軍隊の一軍が、このゴールデンブリッジの橋の上で壮絶な戦いを繰り広げる。

最後のシーンは、ゴールデンブリッジを見下ろす小高い丘にある大樹林。

その大樹のてっぺんから、シーザーがサンフランシスコ市内を見下ろしている。

人間社会と決別し、猿の惑星の創生を象徴するシーンだ。





渡りきった

渡り切った。ここまで1時間20分ほどかかっているので、

帰りもサイクリングすると、3時間近い運動になる。

サイクリングが終わったら、夕方まで市内まち歩きをするつもりなので、あまり疲れない方が良い。

ここから10分ほど走って、フェリー乗り場からフェリーに乗って帰ろう。

ガイドブックもこのルートを薦めている。

フェリーの船着き場に着いた。自転車ごと乗り込む。

フェリー埠頭



去りゆくゴールデンブリッジとフェリーの星条旗に乾杯。

国旗に乾杯



下船した時刻は1時10分。

下船

10時40分にレンタルスタートしたのでちょうど2時間30分。

内訳と料金はサイクリング2時間(20ドル)、フェリー30分(14ドル)だった。



朝飯を抜いていたので大分腹がすいてきた。

魚市場1

魚市場2

 魚市場を歩いて物色。高いけど(20ドル)クラブサンドが美味しそうだ。

魚市場4


ベンチに座って、いただきま~す。

クラムサンド1



向いのベンチで食事をとる親子に目が向く。

親子12

鳩を見つけて指さす仕草や、パパから手渡しで食事をとる様子が可愛らしい。

親子13

昼食と休憩にたっぷりと時間をとった。

午後2時半、さて市内まち歩きを始めようか。




励みになります
下の【拍手】にワンクリックを!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。