スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルフォルニア ゼファー号 / 3日目


CZ号3日目の朝

3アムトラ朝



朝食は食堂車でオーダーし、個室寝台までルームサービスしてもらう。

スクランブルエッグ、パンソーセイジ、ポテト、パンとコーヒー

3アムトラ朝食1

料金25ドルは無料だが、チップの5ドルは現金払い。



3アムトラ景色1


外は牧草地と畑が延々と続く。地平線の彼方まで広がっている。

3アムトラ牧舎




たまに牧舎やサイロがあるが、働く人の姿は見つけることができない。

牧草地に放たれた牛たちは、何十面もつながっているサッカーのピッチで

1面につき2匹でプレーしている選手たちに見える。

3アムトラ牧舎2




牧草地の彼方、小高い丘になっている場所に農家の豪邸が見えた。

そこへつながる電信柱も電線も見えない。きっと自家発電でまかなっているのだろう。

牧草地は青々とし輝いているが、畑は茶褐色で、耕されていたり、

何かの茎(きっとトウモロコシ)の頭だけが切られた状態で整列していたりする。

ジャガイモも小麦もトウモロコシモも、花が咲いていたり収穫期であったりすれば、

きっと素晴らし景色になっていたのではないか。

それでも、この2色のパッチワーク模様は悪くはない。

ところどころにある農家や、ちょっとした林や小さな池がアクセントになっている。



3アムトラ散水3


これはきっと畑の散水装置だと思う。

支点になる箇所に水の供給口があり、拡げた羽のところどころから散水し、

コンパスのように円を描きながら水を撒く。

しかし円周から外れているところはどうするかという問題が残ります。

3アムトラ散水1


さすれば両端が同時に平行移動し、一方の端から水を供給するのはどうだろう。

それには連続する水の供給口が必要になります。そんな事がこの広い畑に可能でしょうか?



みなさんどう思います?どうでも良い?

そうですよね。午前中同じ景色ばかりみていたので、暇つぶしに考えていました。

****************************************************************

余談になりますが、この列車に乗っていた3日間はキンドル本を読むか、

ブログの下書きを書くか、景色を見るか、食べるか、しかする事がありませんでした。

Wi-Fi環境になかったので、ブログもメールも開くことが出来ません。

何日もアップしなかったので、気を揉んだ方もおられるかと思いますが、

そういう事情があったのでした。――余談、終わり。

***************************************************************


しかし、いよいよ解決しました。

一方の端が地上の一か所にあるポンプとつながっていましたし、

おのおのの車輪が、何層にも扇型に円を描いていた畑の軌跡を発見しました。

その後も井戸ポンプを何か所も見たので間違いありません。

3アムトラ散水2


ポンプが畑の中央や四角い端々にあれば、散水箇所をだぶらせることで漏れはなくなります。

 しかし、しかしです。まだ問題があります。

車輪に踏まれた作物はどうなるの?平地状態の時はこの方法でも散水可能ですが、

芽が出、茎が育ち、麦やトウモロコシのようにフサフサと葉が生い茂った時はどうなるのでしょう?

「畑のお助け、散水マン」とネーミングして、日本で売り出しても、

絶対に買う農家はないという代物ですけど、

このだだっ広いアメリカでは、必需品であることは間違いありません。





ただ今午後6時、予定ではシカゴで夕食を済ませている時間ですが、

列車が大幅に遅れたため、また食堂車でステーキをいただいてきました。


ただ今午後10時。もはや遅れを挽回するのは不可能。

シカゴに到着するのはやはり深夜の1時過ぎです。ドミトリーのベッドで寝着くのは午前2時。




なんとか乗り切るために
Ray次郎に【拍手】
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アメリカでかい

rax次郎さんの巧みな表現力で一層楽しく旅を共にさせてもらってます。シカゴに予定通りに着くといいですね ( ^ν^) 楽天の執拗な広告攻撃に打ち勝ちやっと投稿出来ました。

アメリカの鉄道は時間が読めない?

Ray次郎さん
鉄道の遅れ時間が半端じゃないですね(≧∀≦)いい経験されたと思います。
日本の鉄道がいかに時間に正確かがわかりました。ぽっぽやとして嬉しくなります。
Wi-Fiが使えない現実は不便を感じませんでしたか?
シカゴの巻も楽しみにしています(^O^)/
プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。