スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うんちトイレからインドが見える(その1)

They don't use toilet paper at all.

They pour water by right hand and wash buttock by left hand.

So they eat meal by left hand only.

インドへ来る飛行機の中で、日経新聞をすみずみまで読んだ。

その中で、日本政府がインドの衛生環境を改善するための援助をおこなうことや、

TOTOがインドに工場を建設するというという小さな記事が載っていた。



インドの初代首相ネールはインドが発展するのはいつからかと訊かれ、

「全家庭にトイレが設置されてからだ」と、答えたという。



農村地区では家庭にトイレがあるのは3割ほどで、

1ヶ所の共同トイレに300人が押し寄せるとネットで読んだ。

共同トイレで女性が用を足しているときは無防備になり

男性に襲われて痴漢や暴行を受けることもたびたび起こるとか。



インドのトイレの話は、

ことほど左様に政治、経済、社会にひろがる奥の広さがあるんです。



さて初日に着いたホテルのトイレは、

ホテルのトイレ

手前に洋式のトイレがあり、奥がわはシャワースペースです。

大事なトイレットペーパーがありません。

ペーパーホルダーそのものがないのです。

代わりにあるのが手桶。


インド人はこの手桶に水を汲んで、右手で持ち、

水を流しながら左手でお尻を洗う、これが常識。


常識といわれても、実際どうやってやるんだ?


自分がここでやれといわれたら、裸になっっちゃうね。

部屋には自分ひとり、隣はシャワースペースだし。



娘のNawoに「トイレットペーパー、持っていったほうがいいよ」と言われ、

1巻だけ持ってきたのは大正解だった。

ありがとね、NAWO。





初日に行ったバザールの公衆トイレは和式でした。

公衆トイレ

簡素なしつらえで、当然ペーパーなどあるはずもなく、

手桶を使って手動でウオッシュレットする方式は変わりません。



おっと、自分がここでインド式をやれって言われたら?

パンツを頭にかぶり、GパンとTシャツを首に巻く、ってことかな?

わははさんがブラジャーを頭にかぶる姿は想像できても、

Ray次郎がかぶりと巻ものしている姿は想像したくないですよね。



ここ3日ほど通っているネットカフェのある大きなモールのトイレは

新型ウオッシュレット

エセTOTO方式になっていてホースから水が出ますが、

やはりトイレットペーパーはありません。




今泊まっているホテルのトイレは

ホテルのトイレ2

でも大丈夫。

需要がないので探すのに苦労しましたが、

トイレットペーパーを4巻買ってありますから。


我が家のトイレはセンサーだらけで、

ライトやらフタやらが自動で作動し、終わると自動で水が流れる。

ウオーッシュレットは温水で、

まったくの、《オ.モ.テ.ナ.シ》 トイレそのものといった代物だ。

日本にいたときに何も感じなかったが、

インドのすさまじさを見ると、恵まれていたんだなと思う。



うんちトイレからインドが見える(その2)も

またいつか書き込みします。




  
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

Ray次郎さん、お元気そうで何よりです!

トイレ事情って、日本はスゴく恵まれているんですね(^^;)

No title

うんちトイレ その2 記事期待しています

No title

ホテルを出る前にウンチをすます

出るまではホテルにいる

外出するときは念のためトイレットペーパを持ち歩く

これ、鉄則

コンビニ天国 日本万歳!!

No title

直前に、ペーパー持ってきなー!と
伝えられてよかったよ。
プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。