スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元旦にバスで移動、もこみち君に会う

A Happy New Year!!

Ray moved next town by express bus for 60 km.

Fare was 70 cent.

A---mazing !!

元旦

お抱え運転手みたいになったMani君にホテルに迎えにきてもらい

Mani君とホテル前

オートを郊外行きのバスターミナルまで20分走らせる

バススタンドCMBT

ここでMani君とはしばしのサヨナラを言い、春の再会を約束して別れた

高速バスに乗り込むと10分ほどして車掌さんがキップを売りにきた

車掌さん


チェンナイから海ぞいに南へ60Km下ったマハーバリプラムという町を目指す

その高速バスの料金は  7、、、、、70円!安っ!

同じ距離を走る、新潟から長岡まで行く高速バスの料金はいくらだろう?

チェンナイ高速バス


バスが走ること2時間弱、世界遺産のリゾート地、マハーバリプラムに着く

ホテルにチェックインして、町を歩いていたら、通りで日本人らしき人、発見

「こんにちわ」と声をかけたら、やっぱりふりかえってくれた

ビールでも一緒に、ということになり、さっそくシーサイドのレストランへ

ベンガル湾を望む

ロケーションは上の写真の左側に見える建物群のなかにあるレストラン

もこみち君とシーサイドレストラン

小田切ジョーか速水もこみちか、というハンサム青年

ブログ名は「もこみち君」に決定

もこみち君は30代、1歳1か月の男の子と奥さんを残して独りで3週間の旅に出ている

長野県上田市の高校を卒業してからカルフォルニアに海外留学し、

東京のIT企業に就職したが、12月に退職し、

2月1日から新しいIT企業に転職することになっている

その間を利用しての旅、ネパールから入って、バングラデッシュを旅して

そして元旦の今日、チェンナイ空港に着き、そこからタクシーでここまで来た

明日にはここからまたチェンナイにタクシーで戻って

午後のフライトでスリランカに向かい、そこで3日間滞在して帰国する


ハンサムな上に素直、話していて気持ちいい

ふたりでビール3本を平らげて、腹ごなしに海岸を散歩する

元旦の海に大勢の人が集まっていた

元旦ベンガル湾

散歩のあと、ホテルに戻ってシャワーを浴び、

6時からRay次郎のホテルでまた呑みなおすことにした

Ray次郎のホテルはWi-Fiとエアコン付、温水シャワー、トイレにペーパー付

部屋もきれいで、デッキにテーブルとチェアーもついている中級ホテル

もこみち君のホテルは1泊1,000円の安宿、

それでRay次郎のホテルのデッキということになった

もこみち君と呑む

旅の話、家族、仕事の話で盛り上がっていたら、

ワンちゃんがタミル語で「俺も話に入れてくれ、クンクン」と

言ってチェアーにすり寄ってきた


デッキのわんちゃん


久しぶりに日本語で話しているのに、

タミル語が混ざってはカナワン、と丁重にお断りした




と、Ray次郎の元旦はこんな1日でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

斎藤さん あけおめです。 インド正露丸放浪記記すごく愉しく読ませて頂いております。 我が身ではカルチャーショックで耐えられない出来事などを人への思いを文脈に秘めつつ遊び心いっぱい・・面白いです。   これからの展開を正月からダラダラと酒を呑みながら楽しみにしております。

No title

正月なのに日本酒ものっぺもなし

孫に国際電話で「おめでとう」と言っても

顔が見えないから、反応が分かりません

あ~ああっ、、、。
プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。