スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産の町、マハーバリプラム

Visut 3 World Heritage.

Those were build in 6 or 7 century.

God's symboll is penis.

元旦と2日にかけて、もこみち君と三つの世界遺産を散策した

まずは「アルジェナの苦行」と言われる彫刻、石を彫ったレリーフとしては世界最大規模
(幅29m、高さ13m)

女神ガンガーがこの世に降りてきたときの物語を描いたとされる

150101アルジェナの苦行,人物

150101アルジェナの苦行1


150101アルジェナの苦行2




この裏手が広い丘になっており、そこにクリシュナ(男の神)のバターボールと呼ばれる

150101クリシュナのバターボール表


変てこな巨大な岩が坂の途中に鎮座している

ただしこれは世界遺産ではない

クリシュナが好きなバターボールをナイフですぱっと切り取った形が珍しい、らしい

150101 クリシュナのバターボール





海辺の近くの世界遺産「海岸寺院」へ行く

8世紀初頭に作られたトラヴィタ建築の原型と言われる寺院、

彩色をほどこされた派手な寺院が多いなかで地味な趣、

日本でいうなら法隆寺というべきか

150101海岸寺院


150101海岸寺院Up




この寺院のご神体はヒンズー教の最高位、シヴァの象徴「リンガ」

リンガとは男根のことで、それが女性器の上につったている

まことに子供の性教育には向いていそうだ

150101リンガ



お土産屋さんにもミニチュアのリンガがいっぱい並んでいる

小さいので140円、少し大きめで180円

150101リンガ2



150101 リンガ3


お土産に「インド式スリコギ」と言って、女性に買っていってあげても

本当の意味が分かったときに「それってセクハラ!」

リンガで頭をごっつんされそうで、怖い




最後はファイブラタ、ここはすごい

砂に埋まっていた彫刻を発掘した世界遺産で、7世紀半ばに造られた

これら全体がひとつの花崗岩から彫りだされたというから、

世界遺産になるのも不思議ではない

150102 Five Rata、人物1


150102 Five Rata 4

散策の途中にうんちをもようしてホテルに戻る

もこみち君がRay次郎をカフェで待っているとき、日本人を発見し話し込んでいた

トチギ君だ(出身が栃木県)

東京の運送業に勤める30代、独身

こちらもニコニコと笑顔で話す好青年

年末年始の休暇を利用して毎年インドに来ている

今年で4年目になると言う、そういうインド趣味(インド狂い?)の人もいるんですねえ

彼は午後一のタクシーで、チェンナイ空港に向かい、本日帰国する


これで、もこみち君はスリランカ、トチギ君は日本へ、

二人とも、ここマハーバリプラムとは今日でお別れだ

独り残されたRay次郎としてはちょっと淋しくなる



トチギ君の写真も撮ってブログに載せるつもりだったが

デジカメになぜか残っていなかった

トチギ君の了解を取って「掲載しますから」と言っていたのに

約束を破ってしまい、申し訳ありません、トチギ君

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ただいま賀状が届きました。あらためておめでとう。
放浪記、楽しく読ませてもらってます。

No title

正月中について良かったあ。

届いたら誰かからコメントがくるだろな、

と期待していましたが、これで

タコもちゃんと仕事してくれてると、

安心しました。

プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。