スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜辺の散歩の後に、地元の魚料理をいただきました

Take a walk along the seashore for 1 hour more

Enjoy the local fish meal at the kind of Japanese style restaurant

where they take off shoes and sit on the floor.

夕方の5時ころホテルを出た前の道を歩いて、


0105 ホテル前の通り



目抜き通りのT字路を右に曲がると、

こんな子がいたり、

0105 散歩前にBeggerの子供


曲がってすぐにつく浜辺の入口では、

牛さんもいたりする。

0105 散歩 牛


牛さんたちはこんな落し物をしていくので、


0105 散歩 牛の糞



足元に注意しながら、浜辺の散歩をスタートする。

行先は40分をめどにして、どこまでとは決めていない。


0105 海岸散歩往き1


途中でこんなお姉さんにあいさつされたりするが、

お姉さんについて、来た道を引き返したりはしない。

きっちりと30分以上は歩く。

0105 散歩の途中


でも暗くなるとやはりぶっそうなので、帰るとしよう。

空はオレンジ色に変わり始め、浜辺も暮れなずんできた。

0105 海岸散歩還り



ホテルに戻って、シャワーでスッキリしてから、

昨晩行って気に入ったレストランへ行く。

なにが気に入ったかと言うと、

そこは靴を入口で脱いで入り、中には座って食べるテーブルがあるからです。

0105 座るレストラン3


昨晩はチキンとヌードルの入ったスープ(130円)をイス席でいただきましたが、

0105 ヌードルスープ


今夜は地元の魚料理を座って、いただきましょう。

0105 座るレルトラン

メニューを見たら時価とあった。

店の人にきいたら、まるごと1匹で1,200円だという。

いいでしょ、いいでしょ、お頭付きをレモンとバターで料理して持ってきてちょうだい。



0105 魚料理3

鯛のような白身の魚で、これが美味しい。


食べてる最中に停電になるが、そんなことは気にしない。

これまでも何回も経験して、2~3分で復帰するのは分かっている。

0105 座るレストラン停電


お箸で食べればもっときれいにほぐせたのに、

フォークと指でつまんで食べると、これが限界かな?

0105 魚料理

ごちそうさまでした。

満足してホテルに帰ります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

やっぱり日本人!
靴を脱ぐと、ほっとするよね。

今日は携帯ではなくPCでコメントしているので
書き込みやすい!

今朝、Ray次郎ブログを
壮太と一緒に見ていたら
壮太がRayの写真を見て
「ジージー!ジージー!」と
連呼していたよ!

ふふ。泣かないでね♪

No title

ふう~ん、泣くもんか。


お~っとっと、目から汗が出てきそうになった。

インドでは涙腺にも汗がたまるんだねえ。


SOTAのために、また写真載せるからね。

面白く拝読してます(行こうとは思いませんが(≧∇≦)) 。
🍺の味や値段はどんなでしょうか? 冷えてるんでしょうか?

マハーバリプラムでは

斎藤さん

こんばんは。
田口です。

メールが届かず、こちらにコメントさせて頂くことにらしました。
マハーバリプラムではありがとうございました。
お声掛け頂いたお陰で楽しかったです。
ウィスキーご馳走さまでした。

その後南に向かって移動されてる頃ですか?
お気をつけて旅を楽しんでください。

私はこういう出会いが旅の一番の醍醐味に感じて続けています。
もし、5分ずれてたら一生お会い出来てなかったかもしれません。
これも何かの縁ということで、これからもよろしくお願いします。

日本か、もしくは世界のどこかでまた飲みましょう。

田口和樹

No title

平賀さん

地元のビールはKing Fisher、店で買うと大瓶260円、

エストランで飲むと350円くらいなので、食事の料金に

比べると決して安くありません。

冷たいビールが出てきますが、

King Fisherはすぐ泡が消え、

飲み終えるころになると気が抜けてしまい、

少しニガい水状態。

最後までキレが残る日本のビールには負けますね。

No title

もこみち君

いやあ、楽しかったね。つきあってもらってありがとう。


東京に戻り、子供と奥さんと3週間ぶりの家族の団らん、
やはり、お家は落ち着くでしょ。
子供は3週間も見ないと大分変わっていたのでは?


そうなんです、メールは受信できたり、送信できなかったりで
訳わからんのですわ。


また地球上のどこかで一緒に呑みましょう。


No title

インドからの賀状、有難うございました。

正直、驚きました。

それにしても、最高に面白い旅を続けていますね。

素晴らしいことです。

毎日、読ませて、見させて頂きます。 

感動の日々に乾杯! 博多のオチアイ

No title

博多のオチアイ様

改めて、明けましておめでとうございます。
そして、読んでいただきありがとうございます。

名古研の血があれから40年以上も経ったのに、
騒ぎ始めたような気がします。

仕事で九州に行く機会はなくなりましたが、
またどこかで会えることを期待して、
今夜も乾杯!!

プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。