スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜辺とガンジーさん、野良犬と市場と瞑想者

Ramble about the town which is used to be French Territory in 17 century.

Thus this town has European taste.

But INDIA is INDIA after all.

Ray took a dinner at seashore for 1.3 dollar.


ポンデンチェリーは人口124万の都会、

17世紀にフランス領になった名残で、

中央を南北に流れる運河から海岸に近い居住区は

白壁に街路樹の緑が美しい街並みになっている。

まずはホテルを出て、10分ほどでつく海沿いの道から歩き始める。



プロムナードには露天が並び、

0106 海岸露天


その先にガンジー記念像があった。

0106 ガンジ像


幼稚園の一団が先生に連れられて遠足に来ていた。

0106 幼稚園の遠足3

ガンジーさんを見、海を見て喜んでいる。

0106 幼稚園の遠足4


それをこちらから見ていた母子もパチリ、

0106 母子




浜辺から町中に向かっていると、いつもの野良犬のお昼寝に出会う。

0106 野良犬



これからインド人居住区だったところにある市場をめざす。

市場の近くの道路わきにごみが捨てられていて、

野良犬の死骸も捨てられていた。

野良の運命だとしても、こんな風に捨てられるとは、

あまりにかわいそうだ。


0106 野良犬の死




ゴーバートマーケットは入口に開放的な魚市場があり、

0106 マーケット全体

新鮮な魚が売られている。

なにしろ、砂がついたままだし、氷もないわけだから、新鮮なはずだ。

今日採れて、今日中に売りつくし、

一方、下流の家庭では冷蔵庫がないはずなので、
(チェンナイのドライバー、Mani君の家にも冷蔵庫はなかった。)

今日中に料理して腹に入れるかない。


0106 マーケット魚


魚市場から先は小路に分かれていて、

野菜、果物、雑貨、お菓子、、、と何本も列をなしている。

0106 マーケット野菜




半日以上歩いて、夕方が近づいてきた。


浜辺に近い酒屋さんで缶ビール・大(130円)を買い、

0106 夕食ビール確保


屋台で夕食の揚げ物(4種類、4個で28円)を買い、

浜辺に向かう。

0106 夕食確保



夕方のプロムナードはそぞろ歩き、

0106 プロムナード



浜辺に近づくと、海に向かって瞑想している人、ひとり。

その先でこちらも瞑想しながら夕食。


0106 浜辺の瞑想0106 浜辺で夕食

揚げ物の中身は、唐辛子に肉と野菜の詰め物、

ナン、???、と茹で卵の半身を揚げたものだった。

夕食はこれで十分、最後は部屋でNight Capで仕上げとするか。

さっきの店でJim Beamを1,800円で買ってありますから。


0106 街並み

ヨーロッパ、しかも地中海に近い風情といった

街並みを歩いてホテルに帰りました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

なんか街並みがキレイだね!
インドと思えない♪
海を見ながらの夕食、いいね。
新潟も早く春が来ないかな。
プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。