スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トクトクドライバー Final anser! と叫ぶ

TukuTuku driver who drove Ray to the village was on the watch for him at the exit.

Driver started sales talk to invite the town tour for 45 USD for 5 hours.

But Ray knew that it was outrageous charge.

Driver discounted 38 USD and said it was Final Answer!

H'm!!

Ray rejected his offer and walked around the town by himself.



カモは逃がさんぞ、というつもりか、

トクトクに乗る前に「★ これから市内観光はどうだ?

市場、寺院、教会、博物館、浜辺、etc、、、7時にはホテルに送るから。」

これから5時間のツアーになる。

「☆そんで、いくら?」、 「★ 5,500円!」、「☆それ高過ぎだヨ」

「★ いくらならいい?」、「☆1,800円ならOK」

「★、、、、、4,500円、ファイナルアンサー!!」

なにがファイナルアンサーだ。

チェンナイのドライバー・Mani君は半日1,800円で付き合ってくれた。

来た時と同じ550円で市場まで行ってもらう。

0107 市場前



魚市場の奥、専門の商品が並ぶ小路をもう一度歩き回る。

花飾りの小路、

0107 市場花1



0107 市場花3


あくびをしながら、日がな一日花を編む。

0107 市場花2



これは今朝見た玄関前の飾りに使う粉だろうか?


0107 市場玄関前


自分の好きなヒンズー教の神を家の神棚の真ん中に飾るんでしょうねえ。

0107 市場 飾り



市場を出て裏通りを歩いていたら、

車修理専門の通りに迷いこんだ。


0107 ミッション修理


かって馴染みのある自動車部品を目にした。

0107 ベアリング屋

0107 ベアリング屋2

この人の左ひざの奥にある花を咲かせたようなリング状の歯車2個がそれだ。

これはスパイラルベベルギヤと言って、ドライブシャフトの回転を

直行する左右の車輪に伝える際、90度変換してくれる歯車。

この歯車を作る工作機械の大手がサイクニを買収したアメリカ・グリーソン社。

自動車、トラック、バス、建設機械、農機、飛行機、医療器械、軍用機、印刷機械、

伝動工具、、、、などそのユーザーは多岐にわたる。

サイクニの機械のユーザーもトヨタ、日産、スズキ、富士重、マツダ、日野自動車、

いすゞ、三菱自動車、川崎、ヤマハ、

海外ではブラジル・ベンツ、韓国・現代ダイモス、中国・東風自動車、インド・スズキ、

ロシア・レッドオクトーバーなど、多くが自動車業界だった。

いろんな顔の人がサイクニ工場に機械立ち合いに来たし、

サイクニからも海外へ機械の据え付けに出張したのを思い出した。




下着パンツが少ないので、デパートを見つけて買いに入る。

0107 デパート1



売り場で品物を店員に渡す、店員は品物と金額を書いた紙を渡してくれる。

そのシートを会計に持っていって、お金を払う。

領収済みのスタンプをしてもらい、

0107 デパート2


お渡しカウンターでそのシートを見せると品物を渡してくれる。

0107 デパート3



子供服売り場でおもちゃを見つけた。

SOTAになにか買っていこうか?

SOTAが好きな車のミニチュア、

これはインドでしか売ってないぞ、トクトク。

今日は写真だけにして、日本へ帰る間際に買っていくからね。


0107 トクトクミニュチュア




また通りに出てホテルへ向かう途中、

CD、DVDショップがあったので、DVDを買ってみた。1枚45円。

海賊版なんだろう、PCで開けなかった。残念。

0107 DVD




ホテルに戻ったのは午後5時、今日もよく歩き回った。

シャワーを済ませ、ホテルの4階にあるレストランへ行く。

部屋が3階なので、すごく便利だ。

0107 ポンホテル

今夜の食事は野菜カレー(170円)とハイネッケンビール、

辛みがしばらく口に残るが、味はいい。

南インドの料理は日本人の口にあっているような気がする。

0107 ポンホテルカレー

さて、食事も終わったし部屋に戻って、

新田次郎の「八甲田山死の彷徨」の続きを読もうかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。