スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快適ホテルはペパーホルダー付でなくちゃね

Comfortable hotel at

Toilet paper holder furnished,


1月13日 朝

昨日12日にインド・ヒンズー教の五大聖地の一つ、

テイェルンバンナマライに着いた。(以下、Tタウン)

ポンデンチェリーからバスで農村地帯を走ること3時間、

海岸から山合いに入ってきたので、岩山や里山が見えた。

Tタウンのバススタンドに着き、トクトクに乗って

ガイドブックにあったホテル・トリフォでチェックイン。


01122ホテル2


エアコンなしだが、温水シャワー、バスタオル、

クローゼット、机にイス、Wi-Fi無料、

朝食付きで1泊、1,800円。

DSC00608.jpg

白いのがイドリー(米粉と豆を発酵させて蒸したもので、ほんわかと温かい)、

これにチャトニ(程よい辛さのソース)をつけて食べる。




トイレとシャワー室は、

01121 ホテル1

見ての通り、大きなバケツと手桶(ここまではこれまでと同じ)、

なんとトイレットペーパーが備え付け

しかもペパーホルダーに収まっている。(インドで初めて見た)

シャワーには座椅子ときた。

タオルかけ、シャンプー置き棚、

ウヒョ~、居心地良さそうだ!!





部屋の窓から見えるのは、左側、

0113 窓からゴープラ

今回の最大のハイライト、アレチャーナレシュワラ寺院(以下、「アレ寺院」)の

ゴープラ(塔門)が見える。


右側に目を移すと、

0113 窓からアルナーチャラ山

高さ800mのアルナーチャラ山(以下、「アル山」)、

山頂では僧が修行に励み、多くの巡礼者が登ってくると

ガイドブックの説明にあった。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。