スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドで携帯を使う4つ目の方法

ソフトバンクのばか野郎!!!

携帯が完全に壊れた。



ガイドブックによれば、海外で携帯を使う方法として3つ書いてある。

①海外ローミングできる自分の携帯を使う。

②現地で使えるWi-Fiモバイルルーターをレンタルする。

③現地でSIMカードを購入し、SIMロックのかかっていない自分の携帯を使う。

3日前までは①の方法で、インド⇔日本の通話は問題なくできた。

②は長期にわたるレンタル料や通話料が問題で使いたくない。

③の方法は携帯そのものが壊れているから問題外。


最後の手段として4つめの方法を取ることにした。

Mani君のID(免許証)を使ってインドで携帯を買い、

Ray次郎がインド滞在中は、Ray次郎が使い、

チェンナイから日本に帰国する時にMani君にプレゼントし、

以降、ずっとMani君が使う、という方法だ。


サムソンのアイフォン5を18,000円で購入した。

こちらの電話使用料はプリペイド方式なので、

購入時にあらかじめチャージされている5,000円を引くと、

本体価格は13,000円になる。

これから再チャージする必要がある場合はMani君にお願いすることにした。

もちろん最後には清算して、Mani君にお返しする。





Mani君が持っているのはガラ系のそれも古いタイプで、

本体はショートホープのパッケージくらいに小さい。

さんざんお世話になったから、プレゼントするのも良いなと思う。




日本を出る直前にバッテリーの減りが極端に早くなったので

サービスセンターへ行き、バッテリーの交換を頼んだ。

店員いわく、

「バッテリーに異常はありません。新しい本体を買いなおしてください」

「簡単に言わないでよ、バッテリーを交換してみてよ」、お客側が言うのに、

「バッテリーをお売りすることはできません」の、一点張り。

頭にきたぞ!ソフトバンク!

2年しか経っていないのに、本体替えろとはよく言えるもんだ。

帰国したら解約して、別の会社にしようと思っていたが、間に合わなかった。



というわけで、Ray次郎の新しい携帯番号をお知らせしておきます。

+91 9884 665 199

( 91はインドの国番号です)






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。