スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もこみち村で静養することにした

Ray decides to go seaside resort to take a rest for his elbow until 31st,Jan.

Driver Mani take him there and promise to pick him up at that day.

Ray found the cheeper hotel for ten doller per night.



病院へ行く31日まであと8日。

元旦の日にもこみち君と出会ったマハーバルプラムで静養することに決めた。

三角巾を吊ったままで、あちこち移動したくなかったし、

万が一を考えてチェンナイから遠くへ行きたくなかった。


もこみち村ならチェンナイまで1時間半で戻れる。

それにこの村が気に入っていた。

小さい村なので車が少ない、浜辺は近いし、空気もきれいだ。

外人観光客が多いのでレストラン、カフェに不自由しない。

チェンナイはバイクとトクトクで喧噪をきわめ、ゆっくり散歩できない。

光化学スモッグで喉を傷める。

もこみち村は静養するにはもってこいの場所だ。





チェンナイを発つ朝、今度はシラミ戦争に負けて午前3時に目が覚めた。

モスキート戦争用に調達した戦闘機、

部屋用の防虫スプレー(150円)、身体用のスプレー(90円)、

それにかゆみ止めのムヒ。

シラミに効いたのはムヒだけだった。(ただし、敗戦処理)

0124 蚊対策

本を読んだり、部屋に届いた新聞を読んだりして、朝食の時間まで過ごす。

0124 朝刊記事

こちらの新聞でも、グローバル欄の最初の記事は日本の後藤さんの報道だった。

0124 パンデアン朝食

午前7時、朝食をすまして、Mani君を待つ。

Mani君にお願いして、もこみち村までの片道ドライブを頼んであった。

もこみち村に着いてホテルを探してる間は、Mani君にバックを預けられるし、

それにタクシー料金を払うつもりなら、同じ料金をMani君に払ったっほうが良い。

ただし、旅行社が手配するタクシーは往復で稼げるが、

Mani君のトクトクは片道だけだ。

それでも、「OK,You my boss. If You happpy I happy」、

いつの間にかボスに祭り上げられて料金2,700円を快諾してくた。


まず向かったのは近くのエグモア駅、31日に病院へ行った後、

タンジャバールへ移動するために寝台列車のチケットを予約するためだ。

予約の順番待ちがかなりあるらしい。

Mani君が旅行社を周って必ずチケットを確保するからと約束してくれたので、

もこみち村へ向かって車を走らせた。午前10時30分。

市内はいたるところに警官が立ち警備している。

インドの独立記念日にあわせてアメリカのオバマ大統領が来印するためらしい。

チェンナイはこれからオバマが帰るまで、さらに住みにくいはずだ。



0124 遠足バス

郊外に出て高速の料金所、右となりに中学生の遠足バス、

手を振ってくれたので写真を1枚。



もこみち村に入る。ちょうど正午。

ガイドブックの情報はちょっといい加減なところがあるし、

ホテルの受付で部屋の空きと条件(温水シャワー、Wi-Fiは欠かせない)と宿泊料を聞き、

満足できるものであれば、さらに実際の部屋を見せてもらい確認するのが一番だ。

週末のせいか2軒聞いて、どちらも満室だった。

もこみち君が元旦に泊まった安宿に聞いてみた。

空き有り、温水はバケツで汲みに行く、Wi-Fiは受付隣の公共場所でのみ可能、

料金は1泊、800円。

0124モコミチ君ホテル5

部屋を見せてもらった。

調度品は一切なし、ベッドだけ。

0124 モコミチ君ホテル1

トイレとシャワーはこんなもの。

0124 モコミチ君ホテル2

0124 モコミチ君ホテル3

安いし、ネットが不便だが、こんなところで妥協しよう。

6泊分の予約をして、4,800円を払う。

Mani君に部屋まで荷物を運び入れてもらい、

向かいのカフェで野菜サンドとコーヒーの昼食をMani君と一緒に取った。

PCの中の撮りためた写真を見せて、SOTAのビデオも見てもらう。

Mani君は午後1時ころ、帰りの客もないままチェンナイへ帰っていった。



念のため、村中へ出て再度ホテルを探した。

0124 変更ホテル5

2軒めでのホテルで大ヒット。温水シャワーとWi-Fi有り。

料金は1泊1,700円。さっそく部屋を見せてもらう。

0124 変更ホテル1

クローゼットはあるし、

0124 変更ホテル2

温水シャワーも使えて、

部屋の南京錠も頑丈だ。

0124 変更ホテル4

部屋の前にはデッキもあって、

もこみちホテルに比べれば申し分ない条件だ。


「今さっき、もこみちホテルで6泊分4,800円を払って予約したばっかりだけど、

ここを安くしてくれたら、そっちをキャンセルして来るから、デスカウントOK?」

「OK、6泊するなら1,200円にしよう。」

ラッキー!! 言ってはみるもんだ。


もこみちホテルに行き、キャンセルする。

1泊分を引かれて、4,000円だけ戻してくれた。



さて、ここで今日24日土曜日から、

Mani君が迎えに来る31日金曜日の午前10時まで過ごすことになった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

頭ジラミには坊主が一番!

お久しぶりです(^_^)v

お元気ですか?
時々ブログ見させて頂き、大変な事になっていたんだなと家内共々ビックリしております( ̄□ ̄;)!!

肘の写真を見た時、家のワンコと同じだと思いました(x_x)

無事手術がすんで良かったですね。

海外で病気になったり手術する事になると大変だという事がよく分かりました。

頭ジラミの事が分かっていたら、梳き櫛をプレゼントすればよかったと思っています(~_~)

日本ならスミスリンのシャンプーという手がありますが、そちらにあるのでしょうか?
いざとなればキンチョールを頭にかけるという究極の選択があるのですけどね(^^)

多分髪の毛に卵が付いていると思います(≧人≦)

卵にはスミスリンやその他の薬は効きません!

梳き櫛で卵を取るかもしくは・・・坊主

時々家内とまた拝見させて頂きます。

どうぞご無事で楽しい旅をおおくりください。

気持ちは「早く帰って来られないかな~!」というのが本音ですけどね(^_^)v

プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。