スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リゾートの海岸散歩。アスターシャとSOTA

Take a walk along the seashore.

See the baby toddling around tables at the restaurant.

Miss grandson, SOTA.


1月24日(月)午後3時半、涼しくなり始めたのでホテルを出て、海岸へ。

粋がってシャツをオープンにしているわけではない。

こちらで調達したシャツは、3週間のうちに真ん中3つのボタンが取れてしまったんです。

0125 海岸散歩

打ち寄せる波で適度に硬い砂浜のみち、

海風で涼しいし、歩きやすい。

0125 海岸の影


団体で家族写真を撮っていたので、まぜてもらった。

左手をあげたら、彼らも手をあげてくれて、みんなから「Thank you !!」の声をかけられた。

0125 海岸家族

往きの目印はヤシの木が2本立つコテージまで、

ここまで行くとホテルから40分歩くことになる。

0125 ヤシの木

リゾート地に来られてリラックスしておられる、

野良犬でも富裕層のお方とお見受けした。

0125 リゾート犬

往きついて休んでいたら、宝石売りのおっちゃんにつかまった。

0125 ネックレス売り

真珠となにやらの石でできたネックレスを売っている。

「ケーララ州の海で採れた真珠は本物、ほれこの通り」

ポケットから紙ヤスリを取り出して、真珠の珠をゴシゴシする。

「それで、これいくら?」、「2,700円」

「残念だけど、ワイフもガールフレンドもいないんだ、ごめん、いらないわ」

「お母さんへどう?、デスカウントするから」

「お母さん、もう死んだ」、「いくらなら。買う?安くするから」

「いらない、いらない」 と歩き出す。彼もいっしょに歩くこと10分。

「2,100円、1,800円、1,500円、900円、、、」

どんどん値を下げて、ついに1/3まにまでデスカウントしたが、

買う気がないことが分かると、離れていった。


この後すぐ同じようなネックレス売りの少女が、引き継いだ。

「Small help for us.! 5 piece 5 dollar !」

小学校1年生くらいに見える子だが、

さらに小さい幼子の手を引いている。 「この子、いくつ?」、「6歳」

とても6歳には見えない、幼稚園に入る前、3歳くらいの身体つきだ。

こちらも10分ほど散歩に付き合ってくれたが、あきらめてくれた。



5時半にホテルに戻り、シャワーを浴びた後、前回と同じレストランへ行く。

サンダルを脱ぎ、座って食べるレストラン。

0125 魚料理

前回と同じ「時価1,000円」の魚1匹とスープ、そしてビール1本をオーダーした。

SOTAと同じくらいの年ごろの子がテーブルのまわりを、

ちょこちょこ、グルグルと歩き回っていた。

お母さんに声をかけ、写真を撮らせてくれと頼む。


0125 アスターシャ1



0125 アスターシャ2

「この子の年はいくつ?」、「1歳半」。ほら、SOTAと一緒だ。

「名前は?」、「ナスターシャ」

「なにかしゃべります?」、「パパ、ママ、ブラブラブラ、、、、」

「ブラブラブラ」は英語で言う、「あれやこれや」くらいの意味だが、

ようするにSOTAと一緒で意味不明なのだろう。



ロシアから来ていた家族3人に、

「写真を撮らせてもらって、ありがとう。おかげで孫が恋しくなったよ。」とあいさつして、

レストランを後にした。



ホテルに戻り、デッキへ出て寝酒。


0125 デッキ


NAWOから送られてきたSOTAのビデオを全部見ながら、

チビリチビリと楽しんだ。


0125 SOTA2



0125 SOTA1
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お誕生日おめでとう!
今からまた壮太の最新ビデオを
送るね!
プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。