スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町の看板、あれこれ

This and that of shop sign.


チェンナイのPM2.5でのどを痛めたので、このところ朝晩にうがいをしている。

薬局の看板をみつけ、「ガーグル」、顔を上に向けて「ガラガラガラ」とジェスチャー。

なんといってもジェスチャーが意志表示に一番だ。

0126 うがい薬

顔を洗ってからしたくを整え、むかいのカフェに入る。

ベジオムレットとコーヒーで220円。

0126 ホテル向かいカフェ

朝食バナナ2本、40円より高いが、便利なので使っている。

ホテルのWi-Fiの電波がここまで飛んでくるのでパソコンが使える。

毎日来て、ニュースを読んだり、ブログをUPしたりして

朝9時から正午近くまで過ごしている。



ブログをUPしている途中に、いきなり切れた。

ブログ管理者からセキュリテーに問題あり、

登録した会社のeメールアドレスに認証コードを送信したので、

そのコードを入力しなさい、と警告があった。

こちらではその会社メールが開けない。

会社にメールを入れ、そのメールを開くよう依頼した。



念のため、電話も入れておこう。今度は携帯がつながらない。

あらかじめチャージされた料金を使いきったので、

リチャージしなさい、というメッセージが流れてきた。

どうやら最初にチャージされていたのは5,000円ではなく、500円だったようだ。

ホテルの受付でリチャージの方法を聞いた。

携帯ショップへ行き、料金を払うシステムらしい。


0126 ボーダフォン


店の人に1,800円を渡してリチャージを頼む。

0126 ボダフォン リチャージ

ものの3分で完了した。

そういえば、こういった類の看板がまちのそこここにあった。

こちらの携帯は契約者の銀行口座からの引き落としではなく、

全てがプリペイド方式。

銀行口座ともクレジットとも無縁のその日暮らしの生活を考えると、

これは正しいシステムなのだろう。

個人宅にトイレは無くとも、何億人もの人が携帯をもっている。

この類のリチャージ代理店が多くあるのもうなづける。


ちなみに、町の看板。

レストランは「 Hotel 」と表示され、ホテルは「Lodge」、

もくは「Guest House」と表示されている。

ここ、もこみち村は外人観光客が多いので、

ホテルは「Hotel」、レストランは「 Restaurant 」、と表示されている。



0126 ゼロックス

「 XEROX 」はコピーサービスできます、のショップ。

0126 旅行社

旅行社では飛行機、列車、タクシーの予約と、観光ツアーを申し込めできる。


両替所と、

0126 両替所、


0126 ATM

ATMは何回かお世話になった。とくにATMは便利だ。


最初はクレジットカードでキャッシングを試みたが、

どこのATMでも受け付けてくれなかった。


ガイドブックのアドバイス、

「カードはATMで吸い込みの危険があるので、カードは2枚持ちなさい」

もう1枚、海外でしか使えないデポジット方式のカードを持っていた。

あらかじめ、そのカードに入金しておくと、その範囲内でキャッシングできる。

残金が少なくなったら、海外にいてネットバンキングから入金できる。

このカードはどこのATMでも受け付けてくれた。


アドバイスに従って、旅立つ直前に作ったカードに助けられた。

もしこのカードも使えなっかたら、と思うとゾッとする。


ことお金に関しては、カードを落としたり、すられたりしない限り、

安心して旅を続けられる。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。