スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜辺の出来事、エピソードⅠ、結婚式

Take a walk along the usual path.

Come across the christian wedding at the garden of resort hotel.

Feel happy to remember the wedding of NAWO and KEN-chan.


1月26日(月) もこみち村3日目の3時半、いつもの時間にいつもの散歩を始めた。

浜の入口ではいつものネックレス売りの少女。

0126 ネックレス

しばらく歩くと、若者3人に呼びとめられ、写真を撮る。

彼らもめいめいのスマホにRay次郎を入れて写真を撮った。

0126 浜辺で写真

さらに、瞑想者。はて、昨日も見かけたような気がする。

0126 瞑想者


30分が経過し、目印のヤシの木2本が近くなった頃、

浜辺に面したホテルの庭で結婚式をやっていた。


0126 結婚式1

招待状はもっていなかったが、飛び入り参加させてもらい、写真を撮った。

結婚式2

浜辺を背にした花壇で、牧師が説教をしていた。

そして、花婿登場、、、、まさかのサングラス。

0126 入場 花婿

続いて花嫁も登場し、中央のバージンロードを一人で花壇へ進む。

入場 花嫁

牧師が、「病めるときも、幸いなるときも、ともにいたわり、生涯をXXXを愛する、云々、、、」

と言っているはず。

0126 牧師

花婿が誓いの言葉を述べ、

0126 誓いの言葉花婿


花婿も、「生涯xxxを愛することを誓います」

と言っているはず。、、、、良く聞こえない。

0126 誓いの言葉 花嫁

出席者全員が牧師にうながされ、起立し、手をあげて、

二人の結婚をここで認める、と宣誓する。

、、、という意味だと理解した。

0126 結婚式 誓い5


新郎・新婦は参加者から花やら米やらをかけられて、退場する。

この時初めてBGMが流れた。

曲は「蛍の光」、ふたりの船出なのに「卒業」か?

いやいや、これは原曲がスコットランド民謡なので全然問題ない。

続く曲はクリフ リチャードの「コングラチュレーション、アン、セレブレーション

この曲を知っている人は、かなりのお歳。

0126 結婚式 退場

ふたりが退場した後に、ジュースとお菓子がふるまわれる。

0126 結婚式おいっこ (2)

背を向けてジュースを飲んでいる、この御仁も招待状をもっておられないと思うが、

Ray次郎といっしょで飛び入り参加組。

0126 記念写真2 (3)

この子は1歳と4か月、新郎の甥っ子だそうだ。

0126 結婚式おいっこ (1)

新婦のお色直しの時間に、花壇に控えた楽団3名が生演奏をしている。

中で分かったのは、坂本九が歌った「幸せなら手をたたこっ!

ステービーワンダーの

「I love you、 Ilove you ,,,I just call to say Ilove you



新郎新婦が再入場したが、ふたりとも衣装は変わっていなかった。

まずケーキ入刀のセレモニー(周りに人垣ができて写せなかった)

そして、お互いにあ~んして、の儀式。

0126 記念写真2 (2)

親族の記念写真。

0126 記念写真2 (1)

参列者が中央通路にならんで、順番に祝辞を述べ、

0126 記念写真1

花壇にあるロングチェアーに座った新郎新婦と記念写真。

0126 記念写真4 (1)


0126 記念写真5


0126 記念写真4 (2)

参列者は記念写真を撮り終えると、ホテル内のホールへ向かったようだ。

だれもいなくなった。

0126 記念写真7



ここまでたっぷり2時間、あたりが暗くなり始めたので引き返すことにした。

0126 記念写真7 (2)

散歩の時間は往復1時間、結婚式に2時間。

今は午後6時半、たっぷりと日が暮れた。

0126 浜辺の夕暮れ



ホテルへは戻らず、帰りがけにお座敷レストランへ行く。3夜連続。

今夜はチキンヌードルスープとビール。

NAWOとKENちゃんの結婚式を思い出しながら、飲んでいたら

少し幸せな気持ちになった

0126 お座敷レストラン1

酒のつまみにバターナンを注文し、チェックを頼む。

爪楊枝と口直しのペパーミント味の小粒菓子が、請求書と一緒に来る。

お座敷もさることながら、この爪楊枝がにくいねえ。

0126 お座敷レストラン2



テイクアウトのナンをもってレストランを出る。

おっと、と、階段の段差が違っているのを忘れていた。

0126 お座敷レストラン3

ホテルまではほんの2分。

0126 テイクアウト


テイクアウトの包みを持ってあるいていたら、突然女の子に手をつかまれた。

「 Give me eat, Give me eat ,,,」

ほんわか幸せな気分だったのに、インドの現実に引き戻された。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いつもながらの軽妙な筆タッチでの結婚式潜入レポート、楽しく読ませもらいました。それにしても今のインドで懐かしいクリフリチャードや坂本九の曲が聴けるとはo(^▽^)o
プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。