スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひょうたんから駒、ビノー君のバイクに乗って観光

Hotel staff Vino takes Ray to his house.

After lunch he drives Ray to the zoo.


まさしく「ひょうたんから駒」で、ビノー君の家に行くことになった。


朝、お土産用にお菓子を買い込む。300円以上になっただろうと思ったが、

しめて180円、1個あたり20円の安さ。

0128 土産菓子

朝10時、ビノー君がバイクに乗ってやってきた。

0128 ビノー君とバイク

彼の家はホテルから5分ほどのところにあった。

写真左手に3軒の長屋、正面にビノー君の家が1軒。

0128 長屋


こちらがビノー君の母ちゃん。

家の屋根はヤシの葉っぱで編まれ、入口の高さは1mほど。

0128 ビノー君母

家の前に、アウトドアのコンロ。

この燃料の薪を海辺から拾ってきた帰り道、偶然、写真に撮られたというわけだ。

0128 煮炊き

隣のおばちゃんもやってきて、

0128 隣のおばちゃん

さっそく、PCから母ちゃんの写真を見せる。

SOTAのビデオを見せると大喜びしてくれた。

みんながニコニコしてくれる、SOTAの親善大使ぶりにはいつも驚かされる。

0128 親善大使1


11時を少し過ぎたくらいだが、昼飯にしようと家の中に入る。

2間だけの家、背をかがめて入口に入ると、

台所兼寝室、4畳半。ガスコンロが置いてあった。

それでもアウトドアコンロが必要なのだろう。

座って料理するらしい。

0128 台所

続きの部屋も4畳半。この家は借家で、月々2,400円を払っている。

0128 居間

居間へ通されて、ゴザに座った。向こうでお姉さんが料理を作っている。

0128 居間から


家族は両親、弟とお姉さん。父親と弟は働きに出て留守だった。

チェンナイのMani君の家はここより狭いが、

彼が子供のころ、親子5人が暮らしていた。

ここも同じ5人暮らしだが、Mani君の家より若干広い。

ただし、切妻の家、軒が低いので、人が立って歩けるのは中央部分だけだ。

トイレなし、シャワーなし、冷蔵庫なし、洗濯機なしの生活はMani君の家と同じ。



パンを卵で包んだオムレットと紅茶をいただいた。

0128 昼食 2

昼食を食べた後、ビノー君が動物園へ連れていくというので、バイクの方へ。

0128 親善大使3

バイクのそばで、お母ちゃんが近所のおばちゃんとおしゃべりしていた。

おばちゃんにも例の写真とビデオを見せてくれと頼まれ、

リュックにしまったPCを開いて、見せてあげた。



さて、出発。

0128 ビノー君の後部


最初にタイガーガーデンと呼ばれる公園。

だだっ広くて、人はほとんどいない。木陰でアベックが3,4組。

0128 タイガーガーデン1


虎の彫り物の岩山、ガイドブックにも載っていないので、

そう古いものではなさそうだ。

0128 タイガーガーデン2

次に入ったのがクロコダイルファーム、観光客はほとんどいない。入場料60円。

鰐と蛇だけのファーム。気持ち悪くて、退屈なところだった。

0128 クロコダイル


ファームを出て、フルーツを食べる。一皿18円。

0128 フルーツ屋

フルーツ屋台の後ろに牛1匹。

客が食べこぼしたフルーツの清掃係をしておられる。しかも無給で。

0128 フルーツ屋 係



ここからチェンナイ方面に向かうこと30分。

ようやく動物園に着いた。

0128 ZOO入口

日本のガイドブックには紹介されていない動物園。入園料60円。

外人観光客もいたが、やはり地元の家族連れや子供が多かった。

0128 ZOO遠足

全部見るには時間がないので、ポイントを決め、レンタサイクルでまわることにした。

0128 ZOO1

ここでの見どころはベンガルのホワイトタイガーとインド象でしょう。

0128 ZOO2


0128 ZOO4 (2)


象さんをバックに記念写真を撮る。

0128 Zoo ビノー君


0128 ZOO4 (1)


ポイントを決めて回ったが、中が広いので1時間が過ぎた。午後3時。




ホテルに戻ったのは午後4時。

浜辺の散歩に出かけたが、「浜辺の出来事、エピソードⅢ」はなかった。


毎晩来ているお座敷レストラン、「 Le Yogi 」。

店のスタッフともすっかり顔馴染みになってしまった。

町ですれちがってもあいさつしてくれる。

マスターに店の名前の意味を聞いた。

フランス語で「 ヨガのマスター 」というらしい。

0128 レヨギ


2時間以上も慣れないバイクの後ろに座って揺られていたので、

肩は凝ったし、お尻も痛い。

今夜は、「砂の器」の続きを読んで、早めに寝よう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

すっかり現地の人達に溶けこんでますねo(^▽^)o

No title

 マイナーな旅ならでわの楽しみですね(^^)
頑張って下さいね!!
プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。