スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステッチを抜きました。全然問題なし。よかった、よかった。

Pull stitches out from elbow.

Relieved to hear " No problem at all " from the doctor.

Spend a several hours at a net coffee in Chennai

before riding on the night train bound for a next town.


10時の約束なのに、マニ君は朝の8時半にホテルに来た。

朝 マニ君

1週間を過ごしたもこみち村を過ぎると、何かのプランントが見える。

ここは海水を真水に浄化して、チェンナイへ送るためのプラントだと、

昨日、ビノー君から聞いていた。

海水浄化

道はベンガル湾を右手に見ながら続く。

ベンガル湾

左手に見える湖の向こうの町は、ビジネスと工場と大学の町だった。

昨日はその町を越えて、動物園に向かった。

湖

やたらとオープンカーやクラシックカーが走っていた。

その手の趣味を持つ金持ちが週末に繰り出している。

日本で走ってくれれば、トクトクだって立派なクラシックカーになれるのに。

3輪車は大村昆がPRした、あのダイハツ.ミゼット以来、拝んだことがない。


クラシックカー


臭いが鼻につき始め、チェンナイ市内に入った。

チェンナイ市内

隣のトクトクでは運転手の座席にもお客が座っている。ハンドルがきりにくいだろうに。

これまでにその席に子供が両側に座り、後ろの席に6人座っていたトクトクも見たことがある。

バイクでは運転手を入れて4人乗っているのを見た。

乗れれば、それが「定員」になるらしい。

オート



マニ君がリュックを背負って、家に案内する。

今日はお母さんが娘さんのところへ行って、留守らしい。

マニ君リュック


玄関を入ってすぐの台所。

台所

トイレを借りたいと言ったら、入り口を入ってすぐの右側に案内された。

前回は見逃していた。シャワーもここでする。

トイレ


病院へ行くまで時間があるから、日本のDVDを観ようと、

かけたのがこれ、韓国の時代劇だった。


韓国dvd

近所の中学生を呼んできて、Ray次郎の旅のルートを説明しているようだ。

一緒にコーヒーを飲んでから、三人で出発した。


マニ君と本


病院の近くで路上駐車し、中学生はここでトクトクに残された。

路駐違反対策にかり出されていたわけだ。



病院では待たされること約1時間。

処置室に入って、前回の医者にヒジを見せると、

ヒジ

「もう全然問題なし、どこへ行ってもOK。もう一度病院へ来る必要もない。

3日後に包帯を自分ではがしてください」、と言って、

小バサミみたいなもので、プチプチプチとステッチを抜いていく。

チクンとするが、全然痛くはない。

処置室に入って10分もかからなかった。

あっけなくて、なにか肩すかしをくったようだった。



病院を出て、またマニ君の家へ。

あれこれと仲間が出てきて記念撮影。

DSC01168.jpg


マニ君フレンズ

マニ君の家にリュックを置かせてもらい、前回通いつめたモールへ行く。

入るといきなり、この団体。

ヒュンダイ1

韓国から来たヒュンダイモータースの社員旅行の団体だった。

数えたら150人くらいいた。



ネットカフェ(コーヒーは出ないので、なんと呼べば良いかわからないが)の、

受付を済ませ、

ネットカフェ受付

奥側の4台あるパソコンの前へ。

DSC01181.jpg

自分のノートPCと店のパソコンを使って、

ようやく、このブログアップができた。

ネットカフェSOTA

マニ君が10時発の寝台車のチケットを持って、

約束した場所へ来るのは8時半。その前に夕食を済ませておこう。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ほんと、よかったです( ^ν^)。独り放浪旅もあっとゆうまに1ヶ月以上になりましたね。家へ帰ってSOTAちゃんを抱きしめたいでしょうが
ブログを楽しみにしてる酔っ払い読者の為にも今しばらく放浪してください ( ^ν^)
プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。