スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンジョールの世界遺産、スラムと酒屋さん

Visit the World Heritage Temple in Tanjore.

Walking around a street on the outskirts of the downtown area.

Vegetable market, liquor store and the slums along a canal.


2月2日(月)

ヒジの絆創膏を取っても良いと言われていたので、ご開帳。

曲げると少しつっぱった感じがするが、痛くはない。

死ぬまで身体に残るインド土産になった。

0202 手術あと

ホテルのレストランで朝刊を読みながら、無料の朝食を食べる。

インデアンエクスプレスの1面トップは、日本の後藤さんが首を打ち落とされた記事だった。

全豪オープンで、ジョコビッチがアンデイーマレーを破って優勝した記事。

0202 朝刊記事

日本にいたら錦織の試合も含め、全部ライブで見られたのに、残念。



ライブと言えば、いつも年末年始はラグビーのライブを見ていた。

大学選手権では早稲田が準々決勝で東海に4点差で敗れ、

勝った東海は準決勝で筑波に1点差で敗れた。

筑波は決勝戦で帝京にコテンパンにやられていた。

日本選手権ではパナソニックが優勝した。いずれもネットのニュースで読んだ。

テニスもラグビーも結果だけ分かったって、おもしろくもなんともない。



午後3時トクトクに乗って、世界遺産の寺院、プリハデイーシュワラ寺院へ行く。

0202 東門2

9世紀から13世紀に栄えたチョーラ朝時代、

1010年に建てられたチョーラ建築の最高傑作と言われている。

0202 東門アップ

東門のゴープラムに入ると、守護神の像。

0202 守護神

抜けると境内には、右に巨大なナンデイー象を祀るお堂、奥に本殿が見える。

0202 内部

この牛さん、単石から切り出され、高さ4m、重さは15トン。

0202ナンデイー象


ぐるりとまわる回廊には、リンガが無数に祀られている。

0202 回廊

外壁の刻文。

0202 刻文


外壁の上は、多数の牛が列をなして寺院を守っている。

0202 外壁牛

境内の祠の一つで、僧が参拝者に聖水を。

0202 僧


本殿には一般観光客は入れない。

ぐるりと境内を歩いて、寺院を後にした。



寺院を出て、屋台で西瓜を1皿食べた(18円)。喉かわきにはすっきりした味だ。

地図をみると寺院より2kmほど先に王宮がある。

歩くことにした。王宮に続く通り、

0202 下校女子

学生の下校姿が多い。

0202 下校男子

王宮の入口門からも下校姿。

0202 パレス入口

入口を入ると、すぐ学校が2つも並んでいた。どうりで、と納得。

学校の校庭、子供たちがサッカーや、バレーボールをして遊んでいた。

0202 校庭


王宮の入口まで行ったが、チケット売り場で5時には終了するといわれ、

時計を見たら午後4時20分。王宮の見学は明日にすることにした。

ガイドブックの地図の端に野菜市場と書いてあったので、さらに足を伸ばして歩く。

市場、見つけました。あのヤシの葉で編んだ日よけ屋根の左側に。

0202 市場前


0202 市場小路

野菜専門の市場の小路。

0202 野菜

トマト、玉ねぎ、キャベツを山にして並べている。

0202 トマト

ゴーヤの山も見つけた。

0202 ゴーヤ

寺院の見学も30分、野菜市場の見学も30分。

市場を出て、通りの屋台でお茶を飲む(10円)。

0202 テイー6ルピー

これをホテルのレストランで頼むと35円にはねあがる。

これだから町歩きはやめられない。

0202 買い物

屋台の前を買い物帰りのおばちゃんが、荷物の入ったバケツを頭にのせて通っていった。


さらに町はずれに進む。

店では足踏みミシンでバイクの運転席を修理をしていた。

0202 ミシン

町中のミシン屋さんは、ほかにリュックの紐、皮のサンダルの鼻緒を修理する店もある。

修理している品物は、日本ではもう使えなくなって、

ゴミになる類にしか見えないが、りっぱにリサイクルしている。



お土産はSOTA以外は買っていかないつもりなので、

ホンダに勤めるKUNIちゃんへは、ブログ上でヒーローホンダの写真をお土産に。

0202 ヒーローホンダ


AZのすーさんには、インドの「A to Z」の店の写真を。

店の中はテーブルとイスが置いてあるだけで、無人だった。

なにをサービスしてくれるかわからなかった。



0202 AZ


わははさんには、もうあげたよね。

ウフッ、リ・ン・ガの写真のお土産。




どんどん町から離れていく通りを歩く。

田舎の町では繁華街に酒屋があることは少なく、たいてい場末にある。

0202 酒屋通り

ビンゴ!!見つけました酒屋さん。メイドインインデアのスコッチ、1,300円なり。

きさくなおっさんで、写真を撮れやら、国はどこだやら、

最後は格子の向こうから手を伸ばして握手。

ヤレヤレ、異国人は歓迎されているのかなあ。

0202 酒屋

またしばらく歩くと、通りに面してスラムの家が見えた。

写真右側にT字路になった通りがあり、そこを曲がると干上がった運河の橋にでる。

0202 スラム表

橋の上からスラムの村を撮る。

0202 スラム

上の写真の中央部をズームアップすると、女性が行水をしていた。

0202 スラム行水


水に濡れたお尻がなまめかしい。失礼しました、これって盗撮でした。



お尻を最後にホテルへの帰り道を歩く。

3時に寺院について歩き始めてから、もう6時になっていた。

地図から測った目分量でホテルまでは3km、6時40分には帰れるはずだ。

途中、スーパーに寄ってツナ缶を買ったり、ATMで現金をおろしたりしたので

ホテルに着いたのは7時過ぎ。

0202 夕食缶詰

熱いシャワーを浴び、ルームサービスはスープとビールだけ。

今回の請求書は明細通り、ビール220ルピー、スープ60ルピー。

チップを入れて310ルピー(550円)。

今日も1日、良く歩いたのでビールが美味かった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

すっかり私もray次郎さんと一緒に南インドを旅をしてる気分です。
スラムも見慣れてくると日常の風景となって、怖くは無くなる感じなんですかね・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Ray次郎

Author:Ray次郎
越後生まれのRay次郎。
リタイヤを機に
あれこれと始めた
後半人生の旅の記録

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。